2013年7月28日 (日)

お気に入りの曲で音ゲーを作る「BEAT GATHER」が凄い

iPhone用のリズムゲームアプリ「BEAT GATHER」をインストールしました。

|゚Д゚)) 無料ですって

13_0728_beat01
ゲームのシステムは、上から降ってくる玉がバーにかかった時に玉をタッチ(またはフリックor押しっぱなし)するというスタンダードなものです。

他と違うのは、自分のiPhone(またはiPad)に入れている曲がゲームになるという点。

重要なのでもう一度言いますが、自分のiPhone(またはiPad)に入れている曲がゲームになります。

|゚Д゚)) あ~ん?

一般的なリズムゲームでは、メジャーな曲かゲーム会社が用意したオリジナルの曲でしかプレイできず、

(#゚Д゚) 好きな曲がまったくないじゃない

という不満があったのですが、その不満にオサラバ。バイバイ、サヨナラサヨナラ。

自分のiPhoneに入れているお気に入りの曲でゲームができます。

13_0728_beat02
|ω・`) 作成難しいんでしょ

という不安はありましたが、いたって簡単。

iPhoneに入っている曲の中から好きな曲を選び

1.アプリ側で自動的に生成してもらう

2.ほかのユーザーが作成したもので遊ぶ

3.自分で作る

の3つの中から選びます。

他のユーザーがその曲のユビフ(玉の降ってくるパターン)を作っていなかった場合は、1か3を選ぶことになりますが、自分で作るのもとっても簡単。

曲が流れている間に、玉を降らせたいタイミングでバーをタッチ(またはフリックor押しっぱなし)するだけ。

玉の変速やバーの傾きや移動といったゲーム演出の追加は、プレイ時にアプリが勝手にやってくれます。

|∀・) 難しいことは全部アプリ任せですよ

さっそく、BUCK-TICKやMALICE MIZERの曲でリズムゲームを作成。

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ 楽しい、こりゃ楽しいぞい

どのタイミングで玉を降らせようか、タッチかフリックか押しっぱなしかなんてことを考えながらいじってるだけで楽しい。

玉を降らせるタイミングも、ドラムのリズムに乗せるか、ベースかヴォーカルに合わせるか、それとも全く別のタイミングにするか。

数曲をいじっているだけで気がつけば2時間経過。

作ったものを自分でプレイして

(゚∀゚) 楽しい楽しい

と自己満足に。

13_0728_beat03
なんといっても、自分の大好きな曲+音ゲーなわけですから飽きるはずがない。テンションあがりっぱなし。

マイナーな曲はもちろん、メジャーな曲をゲーム化してみんなで盛り上がるのもいいですね。

☆5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

iPhoneの音楽を高音質にするアプリ「T×DOLBY Music Player」を購入

iPhoneに収録されている曲を高音質に再生するアプリ「T×DOLBY Music Player」を購入しました。

|゚Д゚)) ツタヤとドルビージャパンの共同開発ですか

13_0210_t_dolbi_001
低音域にブーストをかけ高音域にも修復をかける「Dolby Mobile」機能が最大のウリ。音楽再生時におけるスマホの弱点を強力にカバーするとのこと。

なお、「Dolby Mobile」機能は、イヤホンかヘッドホンを接続していないと機能しません。

愛用している耳かけイヤホン「ビクターHP-AL600」(購入当時価格約4000円)を使って、iPhone5に標準搭載されている音楽再生アプリ「ミュージック」と音質を比べてみました。

13_0210_t_dolbi_002
【以下:感想】

標準搭載されている「ミュージック」の音質を1とするなら、「T×DOLBY Music Player」の「Dolby Mobile」機能OFF時の音質は0.7。

|ω・`) おおぅ?

明らかにショボイです。

で、「Dolby Mobile」機能ON時の音質。

∑(゚∀゚ノ)ノ キャー

1.5ぐらい。凄くいいです。とってもいいです。

でもね、音はいいのに問題点が…。

13_0210_t_dolbi_003
【問題点】

1.DRM(Digital Rights Management:デジタル著作権管理)の曲は再生できず、その曲を再生しようとするとアプリ自体が停止

これはね、iTuneで購入した曲でもDRMがかかっていたらダメ。再生できない曲が数曲出ました。曲を飛ばしてくれればいいのですが、そうではなくアプリ自体が止まってしまうのも痛いです。

2.再生時のリスト選択でアーティスト名を選んだ際、曲数が多いとアプリが落ちる

なんということでしょう!

3.バッテリーの消費が激しい

音にブーストかけまくってるから仕方ないけどさ。ガシガシ減ります。

4.カスタムで保存したチューニングをアプリが忘れる

ときどき思い出したように忘れる…頼むよ。

【総論】

使い勝手はダメダメ。でも音は明らかにいいから愛用したい。憎いぜこんちくしょう!的なアプリ。もうこのアプリなしでは音楽は聴けない…。

何気にオススメの☆4。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

スマホで持ち運ぶライブハウス、アプリ「STAGE PASS」を購入

携帯電話をiPhone5にしました。

13_0206_stage_pass00
20MB以上の容量のアプリを購入する場合は、PCかwifiを経由しなければいけなかったり、ネット接続ができなくなるパケづまりなど、

|゚Д゚)) なんじゃこのクソ仕様は…

と感じる部分はありつつも、結構楽しんで使っています。

で、アプリ「STAGE PASS」なるものを購入。

13_0206_stage_pass02
これは、音楽を再生するときにライブハウスやミュージックホールで演奏しているかのような感じにしてくれるアプリ。それだけ聞くと、

|゚Д゚)) 大抵のミュージックプレーヤーに標準装備されてね?

って感じなんですが、他と大きく違うのが、実在するライブハウスやミュージックホールで演奏しているかのように仕上げてくれる点。

13_0206_stage_pass03
アプリ開発者は、実在するライブハウスやミュージックホールで特製のバイノーラル・マイクを使用し、その会場の音質や音響、ステージとの距離感などを再現することに成功したそうです。

∑(゚∀゚ノ)ノキャー 凄~い

で、iPhone5に入れているBUCK-TICKなどの曲を聴いてみたのですが、

( ´∀`)b 臨場感が凄いじゃないですか

音的には、同アプリでエフェクトをかける前の方がクリアですけどね。

13_0206_stage_pass04
聴きなれた曲もライブ感バリバリで、聴いていてとても新鮮な気持ちで楽しめます。

∑d(゚∀゚d)イカス!!

なによりも、実在するライブハウスやホールを選べるってところが素晴らしい。テンションあがりまくりです。

13_0206_stage_pass05
iPhone5本体のスピーカーでは音楽は楽しみづらいので、イヤホンかヘッドホン必須ですけど85円でこの内容は素晴らしいです。

☆5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

2012年の「忍城時代まつり」を見学、のぼうの城の効果は

埼玉県行田市で開催された「忍城時代まつり」に行ってきました。

( ^ω^) 初めてなんで期待

12_1111_osijyo_04

忍城は、石田三成が水攻めをして攻め落とせなかった城として知られています。

小説と映画「のぼうの城」の影響で最近脚光を浴びていますね。

忍城に行く途中で石田堤を通りましたが、そちらも観光客が沢山来ていました。

|ω・`) 今日は忍城でイベントですがな

石田堤を見ていた人たちは、「忍城時代まつり」が開催されていることを知っていたのかなぁ…。

12_1111_osijyo_01_2

さて、「忍城時代まつり」の見どころは、武者行列と火縄銃の演武。

武者行列は、忍城おもてなし甲冑隊、関ヶ原東西武将隊、一般参加(要事前登録)によって行われます。
なお、武者行列が実施されるのは午前中のみとなっています。

12_1111_osijyo_02
12_1111_osijyo_03
12_1111_osijyo_05
12_1111_osijyo_06
12_1111_osijyo_07
12_1111_osijyo_08
12_1111_osijyo_09

見物人と武者の距離が物凄く近いですね。

行列はそのまま忍城に到着。

12_1111_osijyo_10
12_1111_osijyo_11

火縄銃の演武を至近距離で見たかったのですが、到着したのが遅かったのと人の多さで近づけず。

12_1111_osijyo_12
12_1111_osijyo_13
12_1111_osijyo_14
12_1111_osijyo_15

一昔前のコンデジのズーム機能だとこれが限界。

|ω・`) 一眼レフ欲しいです…

火縄銃の音は、広がる感じではなく指向性のある音という感じでしたね。また、空砲とはいえ結構な迫力がありました。

|゚Д゚)) なかなか楽しいイベントじゃないですか

来場者数は、そこそこ。

「のぼうの城」効果で来場者が増えて、もっと大々的にやれるようになるといいですね(さきたま古墳から忍城までの武者行列とか…)。

画像を数点追加しました。

12_1111_osijyo_16
12_1111_osijyo_18
12_1111_osijyo_19
12_1111_osijyo_21

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月 7日 (土)

群馬サファリパークに行ってきました

群馬サファリパークに行ってきました。

富岡インターを降りて信号を右折、その次の次の信号を右折すれば到着。案内看板が出ていますし、山の上の観覧車が目印になるので、迷うことはないと思います。

12_0406_safari_01
(*´∀`) 小さいながらも遊園地が併設されています

で、いきなりですが群馬サファリパークの詳細については、面倒くさいのでスルー。とりあえず画像の一部をアップします。

予想以上に楽しかった。焼カレーが抜群においしかった。ガッカリ観光地ではなかった。以上で~す。

12_0406_safari_02
12_0406_safari_03
12_0406_safari_04

12_0406_safari_05
12_0406_safari_06
12_0406_safari_07
12_0406_safari_08
12_0406_safari_09
12_0406_safari_10
12_0406_safari_11
12_0406_safari_12
12_0406_safari_13
12_0406_safari_14
12_0406_safari_15
12_0406_safari_16
12_0406_safari_17
12_0406_safari_18
12_0406_safari_19
12_0406_safari_20
12_0406_safari_21
12_0406_safari_22
12_0406_safari_23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 2日 (金)

トリミングは寄りか引きか

|ω・`) さむっちょぶるぶる

そんな感じなので、ブログの画像ぐらいは温かみのあるものを載せようかしらんとフォルダを捜索しました(いつまでもアイスの画像じゃまずいですからね)。

さきたま火祭りの撮影画像があったので、「PaintShop Pro X4」(ペイントショップ プロX4)で補正とトリミングをし直しました。

11_1129_sakitama_himaturi_000

今までは、引き気味の構図で使用することが多かったのですが、他のサイトを見て

|゚Д゚)) ドアップの方が迫力出るじゃないですか

なんてことを感じたので、上や下のように対象に寄る形でトリミングをしました。

11_1129_sakitama_himaturi_006_2

寄りすぎて正直何のイベントだかわかりづらいのですが、

11_1129_sakitama_himaturi_007

炎の迫力を伝えるには、寄り気味の方がいいかななんてことを感じた次第。

自分の場合、仕事で撮影する事の方が多いのですが、仕事の場合その画像がどんな状況で何なのかが一目でわかることが最優先。結果として引き気味の構図が多かったような気がします。

それが習性として染みついたのか、プライベートで撮影した画像も引き気味。トリミングにも遊び心がなかったのかなぁなんてことに気が付きました。ちなみにいつもの構図は下の通り。

11_1129_sakitama_himaturi_001

11_1129_sakitama_himaturi_002_2

11_1129_sakitama_himaturi_003

11_1129_sakitama_himaturi_004

11_1129_sakitama_himaturi_005

トリミング云々については、さきたま火祭りについて他の人がどういう風に撮影しているのかをチェックして気がついたことですが、自分の発想の固さというものがわかって勉強になりますね。

ちなみに、

∑d(゚∀゚d)イカス!!

と感じたのが下記のサイト。

http://blogs.dion.ne.jp/t_showa/archives/9394993.html#more

|ω・`) 炎が格好いいじゃないですか

嫉妬するほど格好いい画像が沢山ありました。腕の差はもちろんですが、自分の持っているコンデジじゃとても追いつけないですね。一眼レフと望遠レンズがプライベートでも欲しくなっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

画像加工ソフト「Paint Shop Pro X4」を使用、新機能や機能強化がいい感じ

撮影画像の加工に「PaintShop Photo Pro X3」(ペイントショップ フォト プロX3)を使用していたのですが、最新版の「PaintShop Pro X4」(ペイントショップ プロX4)に切り替えました。

|゚Д゚)) 新機能の追加&色々と改良されていました

11_1113_paintshop4

新機能については、後に画像付きで説明するとして、まずは個人的に良かった改良点を。

【改良点】
 1.起動にかかる時間がX3の半分の10秒になった
 2.「管理」「調整」「編集」のワークスペースがタブで切り替え可能
 3.インストール容量が1.5GBから346MBに減った

この中で特にうれしかったのは、2番目のタグでの管理。「X3」だとワークスペースが混在していたり切り替えが非常にわかりづらくて、正直

|ω・`) 「編集」しか使ってませんでした

という状態でした。「X4」でタブ管理化されたことで格段に作業がしやすくなりました。

|゚Д゚)) それでは新機能の説明に入りましょうか

加工する前の元画像はこちらになります。デジカメで撮影したままの(何も加工していない)状態の画像です。

11_1113_audi_00
この画像に、「X3」の時から搭載されている『自動修整』と『自動ノイズ除去』を実行。

11_1113_audi_02_jidou_noize
さらに、新機能の『フィルライト/透明度フィルター』を実行しました。

11_1113_audi_03_fill_light
『フィルライト/透明度フィルター』は、画像の明るい部分の明るさを変えずに、影の部分だけを明るくする機能です。

|ω・`) あんさん 何いうてまんのや?

という感じかもしれませんが、例えば一般的な明るさ調整で明るくした場合、明るい部分も影の部分も同様に処理をかけるので、元々明るい部分の色が飛んで白っぽくなってしまうんですね。それを防ごうとコントラストを上げると、画像全体がどぎつくなってしまいます。

下に、明るさ調整とコントラスト調整で影の部分を明るくしようとした画像(上段)、加工前の画像(中段)、『フィルライト/透明度フィルター』で明るくした画像(下段)を並べてみました。

↓明るさ調整とコントラスト調整で影の部分を明るくした画像
11_1113_audi_04_light_only 11_1113_audi_02_jidou_noize_2 11_1113_audi_03_fill_light_2↑『フィルライト/透明度フィルター』で明るくした画像

真ん中の画像は、明るさを調整する前の画像です。『フィルライト/透明度フィルター』で明るくした画像のほうが、表情がはっきりと見やすくなっているのがわかると思います。

|゚Д゚)) もっとわかりやすい画像を上げましょうか

↓元画像11_1113_sakitama_00 11_1113_sakitama_02_fill_light ↑『フィルライト/透明度フィルター』で明るくした画像

炎の部分の明るさは一切変更せずに、それ以外の暗い部分だけが明るくなっているのがわかります。

∑d(゚∀゚d)イカス!!

このほかの新機能としては、フィルタとして『ビネット効果』が追加されました。最近のゲームでも多用されていますが、注目させたい部分以外を暗く(あるいは明るく)することで、狙った場所に注意を向けさせるというものです。

11_1113_audi_05_binet
この他に追加されたのが、撮影画像をミニチュア風に変える『選択フォーカス効果』。フリーソフトでも見られる機能ですが、「X4」の場合は画像サイズが大きいままで保存できるのがいいですね。

11_1113_toypgoto_01
11_1113_toyphoto03
11_1113_toyphoto_02
11_1113_sakitama_03_focus

|゚Д゚)) こりゃ遊べるぞい

なかなか面白い機能が追加されたんじゃないでしょうか。「X3」に比べて「X4」は格段に使いやすくなりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

「PaintShop Photo Pro x3」を久々に起動、自動修整はやっぱりきれいですね

画像加工ソフトの「PaintShop Photo Pro x3」(ペイントショップ フォト プロX3)。一時期いじくって以来、ずっと放置していたのですが、

|ω・`) 使わないともったいないよね

ということで久々に起動しました。「PaintShop Photo Pro x3」の自動修整、自動ノイズ除去、シャープ処理をかけるだけで結構きれいになります。

|゚Д゚)) お手軽ですねぇ

11_1011_c_photo01

何のポーズですか? といったところですが、ekワゴンのパワースライドドアのポーズですね。ekワゴンは軽自動車として初めてパワースライドドアを搭載して話題になりました。CMで使用されていたポーズをおねだりして撮影。以下、誰でも知っている人たちの撮影画像をアップ。

11_1011_c_photo02

11_1011_c_photo03

11_1011_c_photo04

11_1011_c_photo05

11_1011_c_photo06

11_1011_c_photo07

11_1011_c_photo08

「PaintShop Photo Pro x3」に関しては以前も触れたのでリンク。

「PaintShop Photo Pro x3」の自動修整が想像以上に凄くて驚き
http://yauyaku.air-nifty.com/brog/2010/08/paintshop-pho-1.html
「PaintShop Photo Pro x3」のスマートカーバーで遊んでみた
http://yauyaku.air-nifty.com/brog/2010/08/paintshop-photo.html

値段の割には、結構遊べるソフトだと思います。web上で公開する画像を加工するぶんには十分じゃないでしょうか。

|ω・`) 1年も前…ってことは今使っているのは旧モデルなのか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

身に覚えのない高額パケット代の請求が来た…

携帯電話にauからメールが来ました。「8月のパケット料金が超高額になってますよ」とのこと。

|゚Д゚)) いや、全然使った覚えがないんですけど…

とりあえずお客様センターに電話。オペレーターに「おいくら万円かしらん?」と確認したところ、『2万円以上』との回答をいただきました。

|∀・) ………

何かの冗談かと思ったのですが、何度確認しても2万円オーバー。

( ゚Д゚) 寝言は寝てから言えやダボが!

携帯電話でサイトを見るわけでもなく、アプリも音楽もダウンロードしない。そんな自分に2万円のパケット代。

(´゚д゚`)エー

内訳を確認してもらったところ、『全部Eメールの料金ですね』とのこと。迷惑メールが大量に来るのですが、そのすべてにパケット料金がかかっているそうです。

今までも大量に迷惑メールが来ていたのですが、過去の請求ではそれほどパケット料金がかかっていない(というかEメールの受信は無料だったような…)気がしたんですけどね。

不思議でしょうがないのでオペレーターに確認したのですが、『迷惑メール1通あたりのデータ量が増大したのではないでしょうか。それ以上のことはこちらでは確認できません』と言われました。

|ω・`) 迷惑メールを送りつけられたうえにパケット代発生とかどんだけ…

詐欺的な内容で読みもしないメールのために2万円。納得できないというかなんというか。

|゚Д゚)) これ払わなきゃならんの?

と聞いたところ、迷惑メールのみでのパケット代ということで斟酌してくれたのか、『W定額プランに入ってもらえれば、8月の使用料金に適用させてもらいます。パケット料金が2万円以上のところが上限額の4200円に抑えられますよ』との提案を受けました。

|ω・`) 救済措置ってやつですかね

2万円払うよりも断然お得なので、その提案を受け入れました。でもね、元々が全く価値のない迷惑メールに対するパケット代なわけですよ。減額されたとはいえ、4200円を無駄に捨てちゃったようなもんですね。あまりの悲しさに頭の中で『聖母たちのララバイ』が流れました。

11_0825_pake_01

11_0825_pake_02

迷惑メールに懲り懲りしたので、友人と知人のメールアドレス以外はすべて受信を拒否する設定にしました。

( ゚ω゚ ) お断りんぐですよフフフ

携帯電話会社が事前に連絡してくれてよかったんですけどね。オペレーターとのやり取りで、パケット代のトラブルってかなり多そうだなという印象を受けました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

鬼気迫る日本兵の銅像がお出迎え/遊就館(その2)

靖国神社の敷地内にある遊就館で、目的の零式艦上戦闘機を鑑賞。時間があったので有料エリアも見学することにしました。

|゚Д゚)) 大人800円ですか…

玄関ホールの脇にある自動券売機で入場チケットを購入しゲートを通過。ゲートの先にあるエスカレーターに乗って2階に移動しました。2階を見て1階を見るという形になっているようです。2階に行ったところで日本兵の銅像がお出迎え。

11_0615_yusyu19_suta01

|゚Д゚)) 躍動感がありますな

11_0615_yusyu20_suta02

11_0615_yusyu21_suta03

近寄ってみると表面は力強いというか荒々しい造形。制作者の鬼気が迫ってくる感じですね。

11_0615_yusyu22_suta04

11_0615_yusyu22_suta04_02

肉体の部分が荒々しい一方で、兵装の部分はものすごく滑らか。静と動が同居しています。

11_0615_yusyu23_suta05

11_0615_yusyu24_suta06

11_0615_yusyu25_suta07

正面からのアングルでも撮影を試みたのですが、

∑(゚Д゚) 表情怖すぎ!

だったので撮影をやめました。目つきといいそこにあったのは狂気の表情でした。この像がどのような人によってどのような経緯で制作されたのかが気になります。

※調べたところ制作したのは著名な彫刻家である中村晋也さんのようです。中村晋也さんの美術館(http://www.ne.jp/asahi/musee/nakamura/index.html)があるそうなので行きたいのですが鹿児島…ちょっとどころじゃなく遠い。

|д゚) さて

この日本兵の銅像を過ぎると、本格的な展示エリアに突入することになります。基本的に撮影禁止。撮影禁止といわれなくても、撮影するのがためらわれるものばかりなんですけどね。例えば、小早川秀秋の甲冑。

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

関ヶ原の戦いで裏切り、その後狂死したと言われる武将の甲冑…。そのほかにも、爆風で曲がった軍刀。血染めの日章旗。切腹した刀と遺言書などなど。

|ω・`) とてもカメラを向ける気がしません

当時の新聞やトラトラトラの電文など貴重な史料も沢山ありましたが、撮影禁止なので我慢しました。敵艦に突撃することのみを目的としたロケット特攻機「桜花」、魚雷に人間が乗りこんで必中を図る人間魚雷「回天」。この2つはこっそりと撮影したのですが、掲載は自粛。以前屋外に展示されていたという97式中戦車をアップ。

11_0615_yusyu30_sensya01

11_0615_yusyu31_sensya02↑97式中戦車

サイパン島で埋没していたものを発掘し引き揚げたものだそうです。

施設全体としては、戦争を美化するわけでも非難するわけでもなく、実物や遺物がそこにある。受け取り方は人それぞれにゆだねられている。そんな印象を受けました。

右も左も関係なく、先人の思想や民族が歩んできた歴史を体感するという意味で、多くの人に訪れて欲しい施設だと感じました。トラウマになりそうな展示が多いですけどね。NHKのドキュメンタリー番組『映像の世紀』のDVDにも興味が沸いてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧