2010年5月19日 (水)

カーリングの「ヤップ! ヤップ!」の意味は

カーリングのチーム青森が出演しているコーヒーのCM。「ヤップ! ヤップ! ヤップ! ヤップ!」という掛け声が印象的ですね。

|゚Д゚)) コーヒーとおにぎりって、凄い組み合わせだなオイ

という突っ込みは別にして、

|゚Д゚)) ヤップって何?

という疑問が生じたので検索。

10_0519_yappu_01_3

「ヤップ!」は、「(氷を)こすれ」という意味で使われているそうです。ちなみに、カーリングにおける掛け声はチームごとで異なるそうで、「イエス!」が「こすれ」を意味するチームもあるとか。ということは、

|∀・) オゥ、オゥ、イエス! イエス! カモン、カモ~ン!

というおなじみのフレーズを言いかえると、

|∀・) オゥ、オゥ、ヤップ! ヤップ! カモン、カモ~ン!

になるわけですね。

|゚Д゚)) 物凄く激しそうじゃないですか

掃除とかこすって欲しい場面で男性がへばりそうになった時、「ヤップ! ヤップ! ヤップ!」と掛け声をかけてあげると頑張ってくれるかもしれませんね。

■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ アウチッ!

まぁ、日常生活で「ヤップ!」を使用する機会はなさそうですが、面白い掛け声だと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

乗車率500%超、オリンピックに合わせてMINIが限界に挑戦

自己の限界に挑戦するオリンピック。見ていると非常に清々しいというか活力が湧いてきますね。

|゚Д゚)) 結果に関わらず素晴らしいですね

で、オリンピック選手の頑張りに触発されて、何かに挑戦したくなったという人もいると思うんですが、自動車メーカーのBMW(MINI)もオリンピックに触発され、「自分たちも何かに挑戦して、アスリートたちをアッと驚かせたいものですな」と、あることに挑戦しました(04年、アテネオリンピック時の話です)。

10_0221_mini_01_2

d(゚∀゚d) MINIに何人乗り込めるのかに挑戦するぜベイベー

|゚Д゚)) ………はぁ?

BMWは本気か冗談かわからないことを時々やるので、今回も冗談かと思ったんですが、「いかにすれば多くの人間を車内に送り込めるかについて戦略を立てて、空間の計算などもキッチリカッチリやった」ということ。どうも本気らしい。

で、スタート。

10_0221_mini_02

数字を見ればわかると思いますが、BMWがシミュレーションでハジキ出した最大乗員数は21人。Tシャツに書かれた数字は乗りこむ順番と数だったようです。

(゚д゚) いや、その数値無理じゃね?

と思ったんですが、

10_0221_mini_03

きっちり21人乗りました。さすがに走るのは無理ですが、乗り込めるだけでも凄いです。しかし、伊藤潤二さんの漫画「うずまき」に出てくる長屋みたいな光景になってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

巨人軍の原監督とシートベルト、ピーポくんがなかなかの汚れで…

昨日28日は、東京ドームで行われた「リヤシートベルトの着用促進イベント」の取材に行きました。取材といっても一般向けイベントの様子をチョロチョロッと撮影して、イベント概要を軽く紹介するだけなので、お気楽な気分で後楽園入り。

*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・ オホホホ

イベント当日に巨人対オリックス戦が東京ドームで開催されるからか、サイン入りボールやサイン入りバットが当たる抽選会、「チームヴィーナス」による踊りの披露なども実施され、なかなか楽しいイベントとなっていました。

( ´∀`) これは楽しいじゃないですか

巨人軍のマスコットキャラであるジャビットもイベントに参加していたので、パシパシ撮影しました。警視庁のマスコットキャラのピーポくんも来ていたので撮影。ただ、ピーポくんを見た瞬間に、

( ゚Д゚) 汚なっ!

と思わず言ってしまった。うっすら黒っぽいというか、陽の光の下で見るとかなり汚れている模様。虚ろな目つきといい、薄汚れた容貌といい、なかなかいいキャラクターに仕上がっていましたね。クリーニングした方がいいんじゃないかな。

070528_giants_01 070528_giants_02 070528_giants_03 070528_giants_04 070528_giants_05 070528_giants_06 070528_giants_07 070528_giants_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

浦和レッズ優勝&『龍が如く2』の体験版をプレイ

浦和レッズがJリーグ初優勝。

。・゚・(ノ∀`)・゚・。 ヨカターヨ ヨカターヨ

昔の話題といえば、「岡野の足がチョッパヤで、野良犬から逃げ切った」とか、「初ゴール入れて喜んでいるうちに相手にゴールされた」とか、「飲み屋でサポーターと選手が鉢合わせして喧嘩した」とか、

(´・ω・`) ショボーン

な話題しかなかった(スポーツ新聞的には大喜びか…)のに優勝。ブッフバルト氏が監督の時に優勝というのがいいですね。南浦和在住歴の長かった自分としては、おめでとうと言いたいです。

そういえば、近所のCD屋で『龍が如く2』の体験版を配布していたのでGETしました。

ω_(゚∀゚ )≡ モヒョヒョヒョヒョ 

前作の『龍が如く』は、極道の世界を描いたアクションゲームで、新宿歌舞伎町をリアルに再現した点、馳星周さん監修の骨太なストーリーなどで話題を呼びました。自分もプレイして、久々に「コリャすごく面白い」と感じた作品です。その続編ということで非常に楽しみ。

体験版だと、お遊び要素として用意されている、「ゴルフ」、「ボウリング」、「キャバクラ」、「ホスト」がプレイできます。キャバクラの請求額に、

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ホストクラブにくる若いお姉さんの金の使いっぷりに、

((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

大阪の街も歩けますが、いやぁ、相変わらずスゴイ作りコミですね。ファミ通評価もプラチナ殿堂入りだったし、期待度大です。大人の鑑賞に堪えられるシナリオは他にはないので(メタルギアシリーズは別格)、製品版が発売される来週が楽しみ。

Ryou_ga_gotoku

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月19日 (月)

日本vsクロアチア戦

きのう行われたFIFAワールドカップ2006の日本vsクロアチア戦をテレビで観戦。布団に潜り込んで半分眠りながら見てマスタ。

( ´O)η ファ~

川口選手が大活躍でしたね。バックパスを止め損ねた瞬間は、オヤオヤ? みたいな感じでしたが、それ以外は点を入れられるという気がしなかったですね。

コォ━━щ(゚Д゚щ)━━イ!!!! 

残念だったのが、オフェンス。ミドルシュートを打つのはいいけど、キーパーの正面か枠の外。んで、ゴールの左半分がガラ空きな決定的なチャンスでさえ、蹴った球は何故かキーパーの方に

(´-ω-`) 柳沢……

点を取るのが仕事のFWととは思えない失態。そりゃ中田選手も怒るわなぁ。

((;゚Д゚)ガクガクブルブル

なんか、日本のFWはシュートを打つよりも、すっころぶマネをすることの方が上手い気がする。審判には通じないけどね。

⊂(´∀`⊂⌒`つ≡≡ツルッ♪

⊂(_ _⊂⌒⊃ ドテッ

(゚Д゚≡゚Д゚) 反則よ反則よ

ジャカァシャィッ ( #゚д゚)=○)゚Д)^^^^^^゚

あとはブラジル戦か。一番楽しみな試合が最後とは、平日だけどまた見るズラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

日本vsオーストラリア戦

昨日は、FIFAワールドカップの日本戦を見るために早々に帰宅。普段はサッカー見ないんだけどさ、ワールドカップで日本戦となれば見逃すわけには行かず。

結構楽しみにしてたんで、帰りにビールとオーザック(ジャーマンポテト味)を購入。普段は家でビール飲まないけど、買っちゃいました。

んで、「突入せよ! あさま山荘」とサッカー、スマスマを交互に見ながら観戦。しかし、この日にやらなくてもいいだろうに…あさま山荘。

最初の1点が入ったときは、正直

( ゚Д゚) キーパーちゃーじでは?

って感じ。まぁ、オーストラリアに同点にされて、逆転されて、追加点を入れられた頃になると、

( ´∀`) ワッチの中のよからぬモノが…

( ´∀`) ジョジョビジョ

(# ゚Д゚) バァ~

( ´∀`) ジョビジョ

(# ゚Д゚) バァ~

なぜかDAKARAのフレーズが口をついて出る。

なんかね、相変わらず日本代表の試合展開は、しょっぱいのぅ。ボールを持つのが怖いのか、すぐにパス。んでパスミス。またはバックパス。攻められないんで相手に余裕が出始めるのココロ

(ノ ゚Д゚)ノ ==== ┻━━┻

大体、FWが柳沢ってのも個人的には疑問。ジーコと鹿島アントラーズでつながっているから起用されたとしか思えない。どうせ点が取れないなら、次の世代を育てるために他の選手にした方がさぁ

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ ) この俄サッカーファンが

文句を言いつつも、クロアチア戦とブラジル戦に期待。たとえ負けても、攻めの姿勢を見せてくれればワッチは満足。俺が点を取るみたいな気迫が欲しいですね。サムライの名を冠するのであれば。

| | コメント (0) | トラックバック (1)