2011年12月18日 (日)

VISTAのデフラグツールがとっても遅い/おすすめのフリーのデフラグソフトはこれだ

最近パソコンの動作が鈍くなってきたので、デフラグをかけることにしました。

デフラグは、ハードディスクで断片化してしまった(散らばってしまった)ファイルを種類別に並べ直すというものです。簡単にいえばファイルの整理整頓ってところですね。どこに何があるかがわかりやすく、アクセスもしやすくなるためファイルの呼び出し速度がアップ。結果としてパソコンの動作も軽くなります。

|∀・) サクサク動くようになりますよ

で、VISTAに標準装備されているデフラグツールを使用したのですが、デフラグの進捗状況と完了までの時間が表示されません。

|ω・`) あれ?

ネットで検索したところ、VISTAではデフラグの進捗状況と完了までの時間を表示する機能が無くなったということ。

|゚Д゚)) いやいや、そこ無くしちゃ不便でしょ

どれくらい時間がかかるかわからないので、デフラグをかけたまま放置しました。

|∀・)ジーッ

|∀・)ジーッ

3時間を過ぎても終わる気配なし。

|ω・`) そろそろかしらん…

5時間を過ぎても終わる気配なし。

(´゚ω゚`) 6時間経っても終わらないじゃないですか

不安になったのでネットで検索。すると、VISTAに標準装備されているデフラグツールはポンコツらしく、時間がかかるうえに、ちゃんとデフラグしているかどうかも定かではないらしい。

11_1218_pc01_2
なんですって!

フリーのデフラグツールの方が速く、しかも進捗状況と完了時間が表示されるということだったのでダウンロードしました。ちなみに、フリーのデフラグツールはかなり豊富なようです。

無料デフラグソフト
http://freesoft-100.com/pasokon/defrag.html

いくつかあるソフトの中から「Auslogics Disk Defrag」を選んでダウンロード。インストールして使用しましたが、デフラグが50分チョイで終了しました。

∑ъ(`・ω・´)グッ

なお、標準のデフラグツールで6時間デフラグをかけていたにもかかわらず、「Auslogics Disk Defrag」実行前は断片化しまくり。標準のツールは噂どおりポンコツだったようです。

(゚∀゚) ポンコツ、ポンコツ

VISTAはサポートも終了したらしいですし、哀愁漂うOSですね。VISTAを利用している人に無料のデフラグツールおススメです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

ハイセンスな画像合成ジェネレーター「PhotoFunia」、こいつは凄いや

昨日に引き続き、画像を自動的に合成してくれるサイト(いわゆる画像合成ジェネレーターというものですね)について検索。

|∀・) パロディじゃなくて格好よく仕上げられるものはないかしら

と探していたところ、「PhotoFuni」(http://jp.photofunia.com/)というサイトに辿りつきました。海外のサイトですが、サイトの左下にあるボタンで日本語に切り替えることが可能です。使用料金は無料なので早速試してみました。

|゚Д゚)) どれどれ

テンプレートを選んで、合成したい画像ファイル(自分のPCにあるもの)を指定するだけ。日本語に切り替えなくても使い方がわかるぐらい簡単です。海外の風景と温度差のある純和風な画像を用意して実行しました。

11_0308_photofunia_asio_01_2

∑(゚∀゚ノ)ノ ものすごく自然な感じ!

質感については勝手に調整してくれるのですが、違和感なく溶け込んでいますね。現実にそこにあるかのような仕上がりです。

11_0308_photofunia_asio_02_2

壁にイラストを描いているというシチュエーションのテンプレートを選んだ場合は、画像を勝手にイラスト調に加工して組み込んでくれます。

( ゚Д゚) 半端じゃなく凄いじゃないですか

11_0308_photofunia_asio_03

テンプレートの数が200個近くありますし、どれもこれも非常に凝っています。これはおススメ。

PhotoFuni(左下から言語を切り替え可能)
http://jp.photofunia.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

手持ちの画像を東スポや女性誌風に、パロディ画像変換サイト「デコじろう」が面白い

文字を入力するだけで、某企業や某アニメ風のロゴを作成してくれるというサイトが増えてきましたね。簡易的なものから本格的なものまで様々ですが、

|∀・) プログラム組める人って素敵

と感じずにはいられません。

さて、面白いロゴを作成できるサイトを検索していたところ、「おもしろ画像ジェネレーター デコじろう」(http://decojiro.net/)というサイトに遭遇。スポーツ新聞や週刊誌風のパロディ画像を作成できるそうなので試しにやってみました。

|゚Д゚)) 手順は非常に簡単

テンプレートを選んで、キャッチコピーを入力して、手持ちの画像を選択するだけ。これだけでパロディ画像を作成してくれます。作成したパロディ画像のダウンロード機能もついています。

とりあえず、使用する画像を用意。

11_0307_deco_02_2

テンプレートは、「スポーツ新聞」を選択。キャッチコピーを打ちこんで、変換ボタンを押しました。

11_0307_deco_01

|゚Д゚)) 速いじゃないですか

変換ボタンを押してから数十秒で完成。画像は自分で動かすことはできないので、仕上がりをイメージしながらトリミングしておくといいですね。縦800ピクセル、データ量200KB程度の画像であれば問題なく読みこんでくれます。

11_0307_deco_03↑スポーツ新聞風

11_0307_deco_04

11_0307_deco_05↑ファッション誌風

11_0307_deco_06

11_0307_deco_07↑週刊誌風

こういったパロディ画像以外にも、空の写真やフラワーなど真面目な画像も作れるので、おススメです。

おもしろ画像ジェネレーター デコじろう
http://decojiro.net/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

世界最大級の蝋人形展示が岩手に! 一流が手掛けた107体がお出迎え

足尾銅山で蝋人形による数々の展示

11_0302_rou_01

11_0302_rou_02_2

11_0302_rou_03

を見てからというもの、蝋人形による展示というものに俄然と興味が沸き、国内でどんな展示施設があるのかチョコチョコと検索していました。ネット上でいくつか見たのですが、これはぜひ行ってみたいと感じたものがあったので紹介します。

( ´∀`)b 世界最大級らしいですよ

その名は、夢館奥州藤原歴史館。

公式サイト
http://hiraizumi-yumeyakata.com/index.html
蝋人形ゾーン(どアップ注意)
http://hiraizumi-yumeyakata.com/wax.html

公式サイトでは源義経や弁慶などがピックアップされていますが、訪問した人のブログなどを読むと、それ以外にも見どころがいっぱい。異空間というか異世界に迷い込んだような錯覚を覚えるそうです。蝋人形が107体っていうのは凄いですね。

蝋人形も、体毛埋め込み、義眼、義歯とかなり本格的。衣装や舞台演出もその道のプロが手掛けているそうです。

∑d(゚∀゚d) これは是非訪れたいですな

ちなみに場所は岩手。家からだと車で片道420km。高速を使って6時間弱です。金沢に行くのに比べて10kmも距離が短い。10kmも距離が短い(重要なことなので2回言ってみました)。

|ω・`) おほおほ、楽勝じゃないですか
↑とうほぐは未踏の地なので距離以上の隔たりを感じるの図

色々と余裕が出たら行ってみたいスポットですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

火星に文明は存在したか

ピラミッドなど未だに謎が解明されていないものにロマンを感じる方なのですが、気になるものがあったのでチェック。

古代の謎について語ろうぜ
http://blog.livedoor.jp/darkm/archives/51046311.html

|゚Д゚)) 南山宏系ですな

10_0713_ooparts_01_2

1990年頃から変わっていないというか、謎なものはそのまま謎として放置されている印象がありますね。ミステリーサークルなど現在進行形のものに関しても、ほとんど黙殺といった感じ。

|ω・`) こりゃ一生謎のままで終わりそうだな

謎の解明に期待できそうなのは、火星文明説とケネディ暗殺の真相(2039年に関連資料を公開)ぐらいでしょうか。

|゚Д゚)) 特に火星、火星ですよ

ロシアが火星への有人飛行の実現化に向けて520日間にわたる模擬実験を開始しましたが、火星への有人飛行をぜひ成功させて欲しいですね。

10_0713_ooparts_02

|ω・`) 人面岩の真相だけでも知りたいですな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

苦笑、爆笑、悶絶、じわじわとくる地獄のミサワ

勉強していない自慢とか不健康自慢とか、物知り顔で語っちゃたりとか、傍からすると

ヒソ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )ヒソ

というイタイ行為。当時は格好いいと思ってやっていたけど、今になって思い出すと「ひゃぁ~」と頭を抱えたくなる。そんな経験のある人も多いんじゃないでしょうか(自分はありまくり)。で、そんな人の心をえぐるといいますか、

(;^ω^) うわっ、これはキツイわ

と苦笑や悶絶してしまうイラストがあったので紹介。

04_sunao01

|゚Д゚)) いるいる。つうか自分も言ったことがありそうな…

04_sunao02

04_sunao03

04_sunao04

|゚Д゚)) 大きな声でまた…

04_sunao05

|゚Д゚)) 痰でも詰まってんのか

04_sunao06

04_sunao07

04_sunao08

(´゚'ω゚`) もう止めて~

このイラストを描いているのは、地獄のミサワという人で、公式サイトでイラストを公開しています。「画像も自由に使ってください」という太っ腹な人物。他にも面白い画像があります。

地獄のミサワ
http://jigokuno.com/

05_it01

01_nunsui01

01_nunsui02

|∀・) いるいる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

動物園に行くよりもこの一冊「シートン動物記 狼王ロボ」、ロボの毛皮のサイズに驚き

「シートン動物記 狼王ロボ」の集英社文庫版が売っていたので購入。シートン(アーネスト・トンプソン・シートン)は元々は画家で、その観察眼の鋭さから後に動物学者となった人物。自らの観察と体験、伝聞をもとに多くの動物記を残しました。

「シートン動物記」は、ノンフィクション(動物の生態)とフィクション(動物の心理描写)の混合といった感じで構成。専門的な分野にもかかわらず、物語感覚でサクサク読めるのが特徴です。

|∀・) 児童書としてもおなじみですね

10_0630_lobo_01_2

「シートン動物記 狼王ロボ」集英社文庫版には、狼王ロボ、灰色グマの伝記、カンガルーネズミ、サンドヒルの雄ジカが収録されています。

【狼王ロボ】
牧牛を襲う狼の一団と、それを阻止しようと罠を仕掛けるシートン。
狼のリーダーであるロボに罠をことごとく看破されたシートンは、ロボの妻であるブランカにターゲットを絞り捕獲&殺害。ブランカを殺された怒りと悲しみで冷静さを失ったロボがついに罠にかかるが…。動物の愛情と誇りを描いた作品。

【灰色グマの伝記】
猟師により親と兄弟全てを失った灰色グマの子ども「ワーブ」の話。
他の生き物からの迫害や人間の仕掛けた罠などを乗り越えてたくましく成長したワーブ。森の王者となるが、その生い立ちゆえに暴虐&孤独な生活を送ることに。艱難辛苦、絶頂、老いと、生物の一生を見つめた作品。ラストは涙腺がダダ漏れ。

【サンドヒルの雄ジカ】
鹿狩りに楽しみを感じる若者(シートン)と、知恵を駆使して逃走するシカ(雄と雌のつがい)の話。
知恵比べに勝って雌の鹿を仕留めることで欲求(殺戮の衝動)が満たされるものの、数日間にわたって知恵比べを繰り広げた相手を一瞬にして腐った肉塊へと変えたことに、「これが俺の本当の目的だったのか?」と自責の念を抱く若者。
その後も追跡を続け、残された雄ジカと若者が対峙。雄ジカの目を見つめるうちに、突如として若者の心にある考えが。他の生物の命に対する尊厳に関する話。若者と雄ジカが対峙するシーンが最高に美しい。

|゚Д゚)) 寓話か? 寓話なのか?

実際にあったことをもとに描かれているのですが、心に訴える内容です。観察記としての知育、寓話としての徳育で子どもの読み物にもってこい。動物の生命や生活圏を尊重したくなるというか、人間と他の動物の関係性などについて考えさせられます。大人が読んでも楽しめるというか興味深い内容です。

動物園や水族館に足を運ぶよりも、「シートン動物記」を1冊読むことをお薦め。海外には、シートンの博物館があるようですが日本でも展示してくれないかな。

シートン博物館に展示されているロボの毛皮(個人ブログ)
http://blog.goo.ne.jp/woodychuck/e/71195fa6f87ac47ccb5c13bd64e4b862

|゚Д゚)) ロボの毛皮でかっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

お前はもう打てている、タイピングソフト『北斗の拳 激打SE』を引っ張り出しました

段ボール箱を漁っていたところ、『タイピング奥義 北斗の拳 激打SE』が出てきました。パソコン用のタイピング修得ソフトですね。

(゚∀゚) おお! 懐かしいですな

10_0620_hokuto_02

10_0620_hokuto_03

画面に表示される文字をローマ字入力で打ちこみ、打ちこみが成功したら攻撃、打ち間違えたり制限時間に間に合わないと相手から攻撃されます。ゲーム感覚でプレイするうちに、ブラインドタッチが身につくというものですね。

|∀・) 久々にやってみようかしらん

ブラインドタッチをほぼ修得している自分に死角はなし。「秘孔を突きまくって、みんな木偶人形にしてやるぜゲハハハハ。木偶はいいぞケンシロウ」と、北斗の拳伝承者(自称)になった気分でタイピング開始。

■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ 俺は天才だぁ~

( ‘д‘⊂彡☆))Д´) いやちょっと…

ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛ガッ∑(ノ`Д´)ノ 俺の名前を言ってみ

ボコボコにされました。

(#)Д` ;)…ヒドイヨ…

で、原因を探ったところ、入力判定に原因があった模様。「ふ」はHU(FUだと×)、「じ」はZI(JIだと×)など指定の入力でしか受け付けてくれないんですね。

HA HI HU HE HO
ZA ZI ZU ZE ZO
TA TI TU TE TO

といった感じで、母音部分が絶対といいますか法則にのっとっているといいますか、FU、JI、CHI、などは打ち間違えと判定されます。

|゚Д゚)) ほほぅ

気を取り直して再プレイ。

10_0620_hokuto_01

母音に気をつけてタイピングしたところ、ハートあたりまでは無傷でクリア。が、シンでボコボコに。タイピングに慣れていても手ごわいですね。ブラインドタッチと適切な指配置を修得していないとクリアは難しいです。というか、以前よくクリアできたなという感じ。

|゚Д゚)) ハートとシンの連戦が壁ですな

『タイピング奥義 北斗の拳 激打SE』よりも『タイピング覇王 北斗の拳 激打2』の方が難易度のバランスがいいことを思い出し、引っ張り出しました。

10_0620_hokuto_04

10_0620_hokuto_05

|∀・) ラオウになってプレイできるんですよ

ワクワクしながらパッケージを開けたところ、中身が空っぽ。

('A`) そういや、友人に貸したままだったような記憶が…

タイピングソフトというと、最近ではフリーでもかなり凝ったものがゴロゴロとありますね。お薦めなものがあったので紹介。

Flashタイピング皿打
http://neutralx0.net/sarada/play.html
夜の森タイピング
http://neutralx0.net/yorumori/top.html

皿打は、皿の上の料理を妖精たちから守るもの。夜の森タイピングは、かまいたちの夜のようなアドベンチャーものです。どちらも難易度は高いのですが、

|゚Д゚)) かなり面白いです

タイピングの練習をしたいなという人にお薦め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

インコの筆毛/ジョジョ風の擬音フォントで遊んでみた

いよいよ梅雨入りですね。季節の変わり目で毛が生え換わるためか、家で飼っているインコの頭にトゲトゲが発生。ムズムズするのか、足でしょっちゅうトゲトゲの根元を掻いています。

(*゚∀゚)=3 痒いの? ねぇ痒いの? 掻こうか?

こっちは掻く気満々なんですが、うちのインコは相変わらず掻かせてくれず。

(*゚∀゚)=3 掻かれる気持ちよさを教えてあげるよハァハァ

という欲求が日ましに高まり、そろそろ我慢の限界に達しそうです。「ふひひ、カキカキさせろ。カキカキさせろ~」と飛びかかりそうな自分を抑えるのが大変。って、まるで変態ですな。

|゚Д゚)) さて、

インコの頭に出現するトゲトゲですが、正式名称は「筆毛」というそうです。インコの頭のトゲトゲをよく見ると、透明な筒の中に新しい毛が入っているのですが、その様子が新品の筆の状態に似ているから「筆毛」と名付けられたんでしょうか。なかなかのネーミングセンスだと思います。

10_0614_inco_01_2

で、「筆毛」を撮影していたところ、カメラで撮られていることに気がついたのか、インコから変なオーラが発生(というか、嵐の前の静けさ的な表情が…)。

10_0614_inco_02_3

|ω・`) あれ、なんか不機嫌そうだなや

10_0614_inco_03_2

つかつかと寄ってきて、カメラの前でジョジョ立ち。

10_0614_inco_04_2

なんと言いますか、関西風に言うと「何勝手に撮ってんじゃワレ」みたいな感じですか。

|゚Д゚)) ……

目が完全に怒ってますね。

ちなみに、今回画像に載せている文字はジョジョの奇妙な冒険に出てくる擬音をイメージにしました。擬音用のフォントは、下記のサイトで提供されているのですが、使ってみるとかなりいい感じ。画像加工が楽しくなります。

ジョジョひみつ基地
http://www2.gol.com/users/glow/

カナ文字入力しかできないとか、ちょっと独特な部分がありますが、フォントをインストールすればすぐに使えるのでおススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 3日 (木)

グアテマラ市に超巨大な穴が出現

グアテマラ共和国のグアテマラ市に超巨大な穴が空いたそうです。穴の直径は約20m、深さは30m。ビジュアルは、

10_0602_hole_01

|゚Д゚)) ………

原因については暴風雨「アガサ」の影響、地下下水道の影響などと言われていますが、はっきりしていない模様。地下の土砂が大量に浚われたということしかわかっていないようですね。ちなみに07年にも大規模な陥没があったそうです。まとめたサイトがあったのでリンク。

地獄の門がついに開いてしまったらしい。グアテマラに超巨大な穴
http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52322881.html

グアテマラというとコーヒーのCMのイメージが強いのですが、

|ω・`) 実際にはどんなとこやろ?

と興味がわいたので検索をしました。マヤ文明の遺跡があるとのこと。

|∀・) ほぅほぅ観光地ですか

と思いきや、組織抗争や貧困などによる治安悪化が凄まじく、気軽に出歩ける土地ではないようです。

外務省による注意喚起
http://www.pubanzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=246

:(;゙゚'ω゚'): 何も信じるなってことですか

:(;゙゚'ω゚'): 移動するだけで命がけってことですか

でも日本からのツアーがあるんですね(30万~50万円)。グアテマラに旅行に行った人のブログも楽しげなものが多く、

|ω・`) よくわからんな

ちなみに外務省の海外安全ホームページ(←ウェブサイトと表記して欲しい…)によると、グアテマラは南米地域の中では比較的危険度が低いようです。エクアドル、コロンビア、ペルーの方が断然ヤバい状況だとか。

|゚Д゚)) さらに危険とかどんだけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧