2011年3月19日 (土)

ビルの屋上に超巨大な顔、ニイミ洋食器店のジャンボコックを撮影

先週、上野に行ったついでにニイミ洋食器店へ足を運びました。ニイミ洋食器店の本社ビルの屋上には巨大なコック像『ジャンボコック』があります。インパクトがあるため、テレビなのでもたびたび取り上げられる有名スポットです。

11_0317_niimi_00_2

11_0317_niimi_01_2

お店の脇はかっぱ橋道具街。飲食業御用達の街なみですが、ロウでできた食品サンプルが売っているため、国内外の観光客が多く訪れます。

11_0317_niimi_02_2

ジャンボコックの大きさについて、詳細は不明ですがビル4階分ぐらいの高さがあります。左側にいるメンテナンスのお兄さんがとても小さく見えますね。

|゚Д゚)) というか、恐ろしいところで仕事をしてますな

11_0317_niimi_03

コック像のモデルとなっているのは、ニイミ洋食器店の2代目店主だとか。ほくろや顔のしわなど作り込みが凄いですね。

11_0317_niimi_04

個人的には、目の部分がライトになっていてサーチライトのように照らしてくれるといいなぁと思うのですが、そのような仕掛けはなし。

11_0317_niimi_05

頭の上にある棒は、ラジコン用のアンテナではなく避雷針。

|゚Д゚)) 至って真面目な作りなんです

ちなみに、地上部分にもコックの人形が設置されています。こちらは、他の店でも見たことがあるような気がするので、一般的に販売されているものなんでしょうか。

11_0317_niimi_06

11_0317_niimi_07

|∀・) こちらはアニメチックですね

上野駅を東側に出て、浅草通りを浅草方面に10分ちょっと歩けばニイミ洋食器店&かっぱ橋道具街に着きます。ジャンボコック以外にも、食品サンプルなど見るだけで楽しめるので上野に用事がある人は足を運んでも損はないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

トヨタ、ノリで海苔製の自動車「TOYOTA海苔」をデザイン

久々に自動車関連のネタでも。タイトルの通りなんですが、トヨタが海苔製の自動車「TOYOTA海苔」をデザインしました。

2011_0124_toyota_nori_01

|゚Д゚)) まぁ、コンセプトモデルなんですけどね

2011_0124_toyota_nori_02

シャシーの部分に海藻を基にした繊維を使用。カーボンファイバーに近いんでしょうかね。海藻を編んだ様が海苔と通じるから、「TOYOTA海苔」のネーミングとなったようです(TOYOTA乗りと掛けていたりして…)。

リサイクル可能な素材を使用することで、環境負荷低減を図っているとのこと。生物資源だからバイオプラスチックになるのかな。

2011_0124_toyota_nori_03

バイオプラスチックといえば、現在ではトウモロコシや大豆由来の素材が登場していますが、トヨタは海藻を利用。トウモロコシや大豆ばかり使用していると食物連鎖にしわ寄せがきますからね。陸ではなく海に活路を見出した点は面白いんじゃないでしょうか。

2011_0124_toyota_nori_04

|゚Д゚)) 白いご飯が欲しくなりますな

「TOYOTA海苔」は、2010年に開催されたロサンゼルス・オートショーの「デザイン・チャレンジ」に出品されたものになります。

2011_0124_toyota_nori_05

「デザイン・チャレンジ」では、毎回テーマを決めてデザインを募集するのですが、2010年のテーマは『地球資源の消費を最小限に抑えること』。走行性とスタイルを保ちつつ1000ポンド以下の重量で4人乗りという決まりがありました。ホンダやGMなど他のメーカーのデザインも面白いですね。

|ω・`) そういや、圧縮空気で走る車どうなったんだろ…

デザイン・チャレンジ2010
http://www.laautoshow.com/DC10/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

重忠ロボに続いておばあさんロボット登場、これが非常におそロシア

嵐山史跡の博物館の続きです。前のお話は下のURL。

坂東武士の鑑! 畠山重忠のロボットを見に嵐山史跡の博物館へ
http://yauyaku.air-nifty.com/brog/2010/09/post-8c43.html

さて、嵐山史跡の博物館にある重忠ロボに衝撃を受けたのですが、展示施設内にはもう一体ロボットがありました。その名も「おばあさんロボット」。

10_0902_minwa_01

|゚Д゚)) こりゃまた等身大ですか

説明板によると、嵐山近郊に伝わる民話を語ってくれるとのことです。

|゚Д゚)) どんな民話を語ってくれるんでしょうか?

ラインナップを見ると
 ・河童のわび証文
 ・田村麻呂の悪龍退治
 ・役行者(えんのぎょうじゃ)
 ・両頭庵
 ・九頭竜様

(*゚∀゚)=3 怪異・妖怪の類の話ですか

とりあえず、河童のわび証文のボタンを押してみました。

(*´∀`) ………

10_0902_minwa_02

ロボットらしい動きといいますか、ギッチョンギッチョンと動きながら情感豊かな声で怪異を語ってくれます。

(((( ;゚Д゚)))) こぇぇ~、思いのほかこえぇ~

話の内容以上に雰囲気が怖くて、一気に涼しくなりました。夏の時期に最適ですね。この後、博物館の周囲にある菅谷館跡を散策。

10_0902_sugaya_00

10_0902_sugaya_01

10_0902_sugaya_02_2

10_0902_sugaya_03

マムシやハチが出るそうなので注意が必要ですが、自然が多くて結構癒されます。博物館ではペットボトルのジュースが100円、缶ジュースが80円で売っているので、ジュース片手に散策というのもいいんじゃないでしょうか。嵐山渓谷と違ってバーベキューは禁止ですが、ピクニック気分で楽しめるんじゃないかなと感じました。

嵐山史跡の博物館
http://www.ranzan-shiseki.spec.ed.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

坂東武士の鑑! 畠山重忠のロボットを見に嵐山史跡の博物館へ

戦国武将の蝋人形展示を行っている施設を探していたところ、「重忠ロボ」なる単語に遭遇。

|゚Д゚)) ロボってなんですか…

調べてみると、「重忠ロボ」は嵐山史跡の博物館(埼玉県比企郡嵐山町)に展示されているとのこと。車で行ける距離だったので行ってきました。

|∀・) 東松山ICから車で10分ぐらいのところにあります

嵐山史跡の博物館は、畠山重忠氏の館跡と伝えられる「菅谷館跡」(国指定史跡)に設けられた施設で、鎌倉時代の武士の生活などについて展示を行っています。入館料は一般が100円(高校生・学生50円、中学生以下と65歳以上は無料)ととってもリーズナブル。

|∀・) それでは入場しましょうか

有料ゾーンに足を踏み入れてすぐのところで「重忠ロボ」がお出迎え。

10_0901_sigetada_01

|゚Д゚)) 等身大でなかなかのサイズじゃないですか

センサーを内蔵しており、人の気配を察知すると動き出します。「我は平氏であるが、後に源頼朝に仕え~」など自分の経歴と博物館の見どころを語り始めます。施設のガイド役といった感じでしょうか。

|゚Д゚)) 渋くていい声ですな

10_0901_sigetada_02

首と口元と手が動くのですが、「重忠ロボ」の名称通りロボットらしいカクカクした動き。動作スピードは結構速いです。

10_0901_sigetada_03

|∀・) 基本ポーズは仮面ライダーの変身! ですな

10_0901_sigetada_04

|゚Д゚)) 表情細けぇ~

10_0901_sigetada_05

|∀・) 仮面ライダ~、仮面ライダ~

「変身、変身するの? 必殺技、必殺技は?」と心の中で煽りながら撮影していたところ、「重忠ロボ」の左手が上昇。

10_0901_sigetada_06

|∀・) ?

10_0901_sigetada_07

10_0901_sigetada_08

(((゚Д゚))) ひゃぁぁ!

仮面ライダ~とか煽ったからでしょうか、ものすごいスピードで手刀が振り下ろされました。

10_0901_sigetada_09

10_0901_sigetada_10

(((゚Д゚))) ひぃぃ~

実際は「重忠ロボ」と見学者の間には距離があるので、チョップを喰らうことはないんですけどね。仕切りから身を乗り出して見てると喰らうかも。

|∀・) 人物を見てみましょうか

畠山重忠氏(1164~1205)は、平氏の流れをくむ武将。源頼朝氏が挙兵した当時は頼朝氏に敵対しますが、その後、頼朝氏の味方となります。愛馬を背負って崖を駆け降りたとか、溺れた味方武将を岸に放り投げたとかの伝説が残っており、膂力に優れていたようです。

性格は清廉潔白。美談も多く、「鎌倉武士の鑑」として讃えられたとか。実力も人望もあったのですが、それが仇となって滅ぼされてしまいます。北条氏の謀略にはまり、数万の大軍相手に百数騎で奮戦。神奈川県の戦場で没したとのこと。

|ω・`) 凄い人物だったんですね

10_0901_sigetada_11

博物館の外(菅谷館跡の敷地内)には、畠山重忠氏の銅像があります。

10_0901_sigetada_12

ロボットに比べて年齢が若め。武者姿ではありませんが、威厳を感じさせて格好いいですね。

10_0901_sigetada_13

嵐山史跡の博物館については、他にも面白いネタがあったので、機会があればアップしたいですね。

嵐山史跡の博物館
http://www.ranzan-shiseki.spec.ed.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

焼きそばとスナック菓子のコラボ『U.F.O.カラムーチョ』を食べました

コンビニエンスストアで『U.F.O.カラムーチョ ホットチリ味』なるものが売っていたので購入しました。

10_0819_ufo_01

|゚Д゚)) インスタント焼きそばとスナック菓子ですか…

ジャンクフードとジャンクフードのコラボレーション。インスタント焼きそばもスナック菓子のようなものなので、「ひょっとしたら美味しいかも」とちょっとだけ期待。

10_0819_ufo_02

|゚Д゚)) 粉末ソースですか

通常の『U.F.O.』は液体ソースなんですが、『U.F.O.カラムーチョ ホットチリ味』は粉末ソース+調味オイルの構成。粉末ソースは、オレンジ色です。

|゚Д゚)) シャカシャカポテトの粉末みたいです

湯切りした麺に粉末ソースと調味オイルを混ぜ、カラムーチョを乗っけて完成。

10_0819_ufo_03

|∀・) それでは頂きましょうか

カラムーチョと別に麺だけで食べると、味がちょっと薄いかな~という印象。カラムーチョと麺を一緒に食べようとすると、

(´゚ω゚`) 硬いカラムーチョが突き刺さるんです

麺を啜ろうとしてもカラムーチョがあるので啜れず。また、麺とカラムーチョを口の中に入れると、麺の硬さとカラムーチョの硬さが違うので噛んでいるうちに分離。

|ω・`) ………

別々で食べた方が美味しいんじゃないかなというのが率直な感想。カラムーチョは食後のおやつ用に取っておいて別に食べた方がいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

苦笑、爆笑、悶絶、じわじわとくる地獄のミサワ

勉強していない自慢とか不健康自慢とか、物知り顔で語っちゃたりとか、傍からすると

ヒソ( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )ヒソ

というイタイ行為。当時は格好いいと思ってやっていたけど、今になって思い出すと「ひゃぁ~」と頭を抱えたくなる。そんな経験のある人も多いんじゃないでしょうか(自分はありまくり)。で、そんな人の心をえぐるといいますか、

(;^ω^) うわっ、これはキツイわ

と苦笑や悶絶してしまうイラストがあったので紹介。

04_sunao01

|゚Д゚)) いるいる。つうか自分も言ったことがありそうな…

04_sunao02

04_sunao03

04_sunao04

|゚Д゚)) 大きな声でまた…

04_sunao05

|゚Д゚)) 痰でも詰まってんのか

04_sunao06

04_sunao07

04_sunao08

(´゚'ω゚`) もう止めて~

このイラストを描いているのは、地獄のミサワという人で、公式サイトでイラストを公開しています。「画像も自由に使ってください」という太っ腹な人物。他にも面白い画像があります。

地獄のミサワ
http://jigokuno.com/

05_it01

01_nunsui01

01_nunsui02

|∀・) いるいる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

日本一周の旅は「モノトレーサー」でやって欲しいけど、そりゃ無理か

梅雨というか突然の驟雨(しゅうう)に見舞われる季節がやってきましたね。ドライブ中、ずぶ濡れで走行しているバイクなんかを見ると、

|゚Д゚)) あらあら大変そうじゃないですか

と思ってしまうのですが、バイク好きなんだけど濡れたくないという人にお勧めなのが「monotracer」(モノトレーサー)。2人乗車タイプの2輪車で、海外で市販されている乗り物です。

10_0610_mono_01

10_0610_mono_02

全体が覆われているので、濡れる心配は全くなし。

|ω・`) 停車時に転倒するんじゃね?

と思いますが、スイッチで左右に補助輪が出るようになっているので安心。バック操作もできます。クルマとバイクを融合させた感じですね

10_0610_mono_03

10_0610_mono_04

最高出力は130馬力。最大トルクは117Nm。停止状態から5.7秒で時速100kmに達する加速力を持ち、最高速度は250km。

|∀・) 高速道路も楽勝じゃないですか

2人乗りですが、後部座席を使わない場合は容量200リッターの荷物スペースが確保できます。かなりの荷物が載せられますね。また、オプションでオーディオシステムやレカロシートなど快適装備を搭載できるほか、エアバッグも装備できます。

|∀・) 長距離でも安心ですな

10_0610_mono_05

10_0610_mono_06

どんな乗り物なのかは動画で見てもらう方が早いかも。

(*゚∀゚)=3 格好いいじゃないですか

朝倉くみこさんによる日本一周の旅も「モノトレーサー」でやってくれればなぁと思うんですけどね。ちなみに、「モノトレーサー」の価格は、

|゚Д゚)) 約900万円でございますよ

|゚Д゚)) ……

|゚Д゚)) …

電気自動車か光岡自動車の大蛇(オロチ)が買えそうな値段ですね。でもお勧め。

monotracer
http://www.monotracer.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

台湾なのに名古屋名物、「台湾ラーメン」を食べました

インスタントラーメンのコーナーで「台湾ラーメン ピリ辛醤」なるものに遭遇。韓国の「辛ラーメン」みたいなものかとスルーしようとしたのですが、パッケージに『名古屋の味』の文字を発見。

|゚Д゚)) はぁ? 台湾でなんで名古屋?

とりあえず購入しました。

10_0421_taiwan_01

ネットで調べたところ、「台湾ラーメン」は愛知県名古屋市で生まれたラーメンで、名古屋名物らしい。

|゚Д゚)) いや、だからなんで台湾…

中華料理屋の店主(台湾人)が考案したラーメンだから「台湾ラーメン」とのこと。ちなみに台湾には「台湾ラーメン」と呼ばれるものはないそうです。

|д゚) ………

名古屋の人が好む濃い味付け、脂肪燃焼間違いなしの辛さ、スタミナ抜群のニラが「台湾ラーメン」の特徴だとか。インスタントの「台湾ラーメン ピリ辛醤」は、液体スープと粉末スープで構成されているのですが、ちゃんと乾燥ニラが入っていました。

10_0421_taiwan_02

インスタントラーメン単体の状態で、とりあえず味見することにしました。スープの色がなんだか危険な雰囲気を醸し出しています。

10_0421_taiwan_03

(((゚Д゚))) うわっ、辛っ!

辛さが前面に出ているというかストレートにやってくるというか。辛さを除くと、中国料理店(日本人向けの中華料理店ではなく中国料理店)のラーメンの味ですね。漢方薬っぽいというか、薬膳っぽいというか、ベースは野菜+鶏がら主体であっさりです。そこに大量の豆板醤を加えたのが「台湾ラーメン ピリ辛醤」。

( ゚∀゚) 日本人の作るラーメンとはちょっと違いますな

台湾人店主が作ったということが納得できるような味でした。インスタントラーメンは、単体で食べると味のバランスがきついものが多いので、あらかじめ作って置いた具材を投下。

( ゚∀゚)ノ フォラァヨ!

追加具材は、牛と豚の合挽肉、ニラ、モヤシ、唐辛子を塩コショウ、醤油で炒めたものになります。

10_0421_taiwan_04

インスタントラーメン全般に言えることですが、自前の具材を追加した方が断然食べやすくなりますね。

インスタントラーメンとしての評価は星3。「台湾ラーメン」もメーカー(または店)によって味が異なると思うので、いずれは元祖のものを食べてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

名作? 迷作? 映画『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』を見ました

映画 『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』をDVDで見ました。

10_0420_davinchi_pro_01

大ヒット映画『ダ・ヴィンチ・コード』に便乗したかのようなタイトルが素敵です。ちなみにパッケージの裏は、

10_0420_davinchi_pro_02

超話題作『ダ・ヴィンチ・コード』に全世界注目の中、天才が仕掛けたもう一つの謎を描く、傑作ミステリー登場!! の文字。

(;^ω^) 思いっきり乗っかとるな…

パッケージは結構シリアスな雰囲気ですね。『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』は、ポーランドで製作された映画で、音声はポーランド語+日本語字幕、日本語吹き替えのいずれかを選択できます。ポーランド語は珍しいので、ポーランド語+日本語字幕を選択しました。

(*゚∀゚)=3 それでは再生しましょうか

本編の前に新作紹介のCMが入るのですが、そのタイトルが『パイレーツ・オブ・アトランティス』。本編に入る前の段階でB級の臭いがプンプンと漂います。

そして、『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』の本篇が開始。ネタバレが嫌な人のために、20分ごとの感想を顔文字であらわすと、

(*´∀`)

|ω・`) ?

(*´∀`)

ヘ(゚∀゚ヘ)

( ´∀`)bグッ

な感じ。若干のネタバレがあってもいい人は、下の続きを読んでください。

【以下、若干ネタバレ】
『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』は、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画に込められた謎を追うのではなく、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画『白貂(テン)を抱く貴婦人』を美術館から盗みだす泥棒のお話。

主犯格は2人なのですが、結構抜けているというか憎めないキャラクター。そしてこの2人に協力することになる贋作家たちも魅力のある人物となっています。押しつけではないさりげない笑いというか、ウィットに富んでいるというか、

( ゚∀゚)ノ なんというか上質な楽しさがあるんです

食べ物に例えるならば、過激な表現やCGに頼りきった近年の映画はジャンクフード(刺激は強いけど面白さとは別じゃ…、ごまかしじゃなかろうか…と感じてしまうもの)、『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』は質の良い素材が集まったスローフード(派手さや過激さはなく、じわじわといった感じだけど心に染み渡るというもの)。

雰囲気としては、週末の深夜にやっている海外映画のような感じなのですが、久々に充足感を得られる映画を見たと感じました。ラストでさわやかな気分になること間違いなし。個人的には、『ダ・ヴィンチ・コード』よりも良かったです(路線が全く異なるけど)。

評価は☆5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

水陸両用車に世界初の潜航機能を搭載、RINSPEEDの「SQUBA」

水陸両用というと、ホバークラフトや水陸両用バスのように陸上も水上も走れる乗り物を思い浮かべると思います。が、海外メーカーのRINSPEEDは、

|ω・`) 水上だけじゃなくて水中も進めるといいよね

ということで潜航機能を持った自動車「SQUBA」を開発しました。水中も進める水陸両用車は世界初です。

10_0406_rinspeed_01

フロントから見た感じは、いたって普通のクルマ。

10_0406_rinspeed_02

リヤもスクリューが付いているぐらいで、従来の水陸両用と比べるととってもスタイリッシュ。

10_0406_rinspeed_03

陸上では電気モーターを使用して走行、水上はリヤのプロペラで推進、水中はボディサイドに装着したジェット噴射とリヤのプロペラで推進します。陸上、水上、水中と3つのシーンに対応、しかも排ガスゼロで環境への配慮もばっちり。

10_0406_rinspeed_04

|゚Д゚)) インパネもいい雰囲気じゃないですか

10_0406_rinspeed_06

潜航可能な深さは10メートル。万が一の事態が発生したときにすぐに逃げられること、空気が貯まらず潜水がスムーズにできることからオープンカーの形を取っています。

10_0406_rinspeed_07

オープンカーの形なので酸素ボンベなどが必要なのですが、海の美しさを満喫するにはもってこいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧