« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の3件の記事

2012年1月29日 (日)

戦場はかくも不潔なのか! 一兵士の心情を描いた「ペリリュー・沖縄戦記」を読了

第二次世界大戦を一兵士の目で捉えたノンフィクション「ペリリュー・沖縄戦記」を購入。読了しました。

12_0129_peri_okinawa01
著者のユージン・B・スレッジさんは、1923年に米国アラバマ州で誕生。1942年に志願して海兵隊に入り、1944年に初めて戦場へと送りこまれます。19歳ごろに志願して訓練を受け、21歳ごろに初めて戦争へ行ったんですね。

|ω・`) 志願兵ですか

同書では、海兵隊でどのような訓練を受け、それが精神的にどのような効果をもたらしたのか、実際の戦場でどのように役だったのかについても触れています。その生活は、映画『フルメタル・ジャケット』そのものといった感じ。

で、海兵隊の厳しい訓練や教官等のお墨付きを経て、「自分や海兵隊は無敵だ~」なんて意気込んで出発。が、上陸前の戦場を見た瞬間に感じたのが、

|゚Д゚)) 俺の命は捨て石だ! 俺は騙されたんだ!

見た瞬間に自分の死を予見させるほど凄い有様だったんですね。島への上陸命令が出るまでは船内で待機するのですが、その間の心理描写が、

|ω・`) 読んでいる方の胃が痛くなるほどの重苦しさなんです

本のタイトルにもあるように「ペリリュー島」と「沖縄」での戦争の話が中心になるのですが、戦闘行為の単なる描写ではなく、兵士の心情や戦場の空気感・臭いといったものも多分に描かれます。

特に、「ペリリュー島」はサンゴ地質で硬いため穴を掘ることが不可。食べかけの糧食や兵士の排泄物、戦死傷者の死体や部位を埋めるということができずにほったらかし。地面は水がお湯になるほどの温かさを持つため腐敗が凄い。

常に異臭や死臭が漂うなかでの食事や戦闘。大量発生した蝿の描写など、

|゚Д゚)) 食事中には読めませんわ

そんなこんなで、戦場がいかにして兵士の精神や肉体を冒していくのかなんてことがわかります。命や尊厳、精神さえも容赦なく踏みにじっていく様が、これでもかこれでもかとやってきます。

|ω・`) さて

「ペリリュー・沖縄戦記」が他のノンフィクションものと違うのは、戦争や戦闘ではなくて戦場を描いている点ですね。

訳版の出版にあたって、原書で重複している部分などを割愛したそうですが、それだけ訳版には力を入れています。言い回しや言葉の使い方など、日本人が読んでも非常に読みやすい。実際の戦場の写真や図解などもあり、予備知識がなくてもすんなりと頭に入ってきます。

|∀・) これはいい

評価は☆4。おススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月28日 (土)

最近よく思い浮かべる言葉

タイトルどおりですが、ちょっと前にどこかで目か耳にして、最近よく思い浮かべる言葉があります。

|゚Д゚)) たしかこんな言葉だったかな…

「生まれてから死ぬまで、人間って実は何も失わないんだよ~」

( ゚д゚) ?

生まれた時って真っ裸で何も持ってないですよね。この世に生れてからは、あとは何かを手にしていくだけ。この世でひたすら得ていくだけの人生がスタート。

改めて自分の周囲をぐるりと見渡すと、自分は人や物とか経験とか膨大で様々なものを手にしてきたんだなぁなんてことを感じます。

で、今まで得た衣食住、愛や財産その他もろもろの何かを失くした~とか思っても、実は生まれた時よりもマイナスになることってないんですよね。プラスの部分が減っただけで、マイナスには至っていないというか。

死んでしまう時でさえ、生まれた時の状態と考えるとプラスマイナスゼロ。マイナスじゃないんですよね~。子孫とかこの世に何かを残していた場合はプラスのまま勝ち逃げですね。

そう考えると、すっごいお得だなぁ、生きてるだけで丸儲けってこのことなのかなぁとか、最近、生活していてとても前向きで幸せな気分になります。

|ω・`) 春よのぅ

でも心の中は実はこんな欲望にまみれてたりして。そういや年末ジャンボ外れてたわ…。

12_0128_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

愛ってなんでしょうね2012

明けましておめでとうございます。

新年早々なんですが、野球選手の元嫁が養育費を月々1000万円要求しているそうで、

|ω・`) おうふ…

養育費にそんなにお金がかかるわけがないので、慰謝料的な意味も込めているんでしょうけど、月々1000万円という額は凄いですよね。

それだけ愛が深かったのか、それとも愛なんて消え失せて元旦那の生活がどうなってもいいという考えなのか。

12_0109_lovelove_01
周囲に祝福されて結婚して、愛し合った結果に子どもまでできて。それが離婚した途端に態度が豹変というか、愛ってなんでしょうね。嫉妬、独占欲、執着心、性欲、愛、そんな事について考える今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »