« 「3001年終局への旅」を読了、モノリスの謎は解明されたか | トップページ | 第2次世界大戦末期の独ソ戦の地獄模様を描いたノンフィクション「最強の狙撃手」を購入 »

2010年9月30日 (木)

大型液晶テレビが格安オークションに出て激安で落札…でも出品者は大儲け の仕組み

インターネット上で最近よく見かけるのが、「定価の90%OFFで落札できる!」など激安価格での落札を売り文句にしているオークション。

|゚Д゚)) そんなうまい話があるわけねぇべや

懐疑的な自分は、「最終的には落札価格が跳ね上がってお得じゃなくなるんでしょ」、「話題作りの釣り出品でしょ」と見向きもしなかったのですが、出品者がガッツリ儲かる仕組みになっているそうです。

|ω・`) えげつない話なんで、ちょいと紹介

こういった激安オークションは1円とか10円とかからスタート。まぁ入札額が1円スタートというのは昔からあったのですが、最近流行りのオークションは1回の入札で上げられる入札額は1円、1回の入札ごとに75円の手数料が必要というシステムになってるんだそうです。

|゚Д゚)) 手数料ですか…

どんな感じなのかは、以下のスレッドを見てください。

ペニオク・ヤスオク方式のオークションで落札出来ずに生活センターに相談する情弱が急増
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51622367.html

落札できなくても手数料を支払わなくてはならないんですね。42V型液晶テレビが出品されていたとして、それが1円スタートで落札額が1万1円になっていた場合、1万回の入札があったことになります。出品者には、1万回×75円+1万1円(落札額)=76万1円が入る仕組み。

|ω・`) これは凄い

架空出品でオークションにかけ、オークション終了後に42V型液晶テレビを新品で購入して落札者に送ったとしても十分お釣りがくる計算になります。入札回数が少なくて手数料+落札額が製品代に満たなかった場合、最後の最後で自分で落札しちゃえば75円+出品費の損で済みます。

|゚Д゚)) 元手無しで金が生まれる錬金術じゃないですか

仮の話ですが、出品者と運営者が手を組んでいた場合、「その商品は誰誰に落札された」と架空の人物を落札者に仕立て上げて、入札手数料だけを得るということもできちゃうわけです。入札者は、存在しない商品につられて入札手数料だけ取られるの図。

|ω・`) これは詐欺の予感がしますな

今現在運営している所はまともなんでしょうが、悪用しようと思えば簡単に悪用できるシステムだと思いました。

|゚Д゚)) 入札手数料が少額なのも気になりますな

広く浅く集めるというやり方が胡散臭いですね。まぁ、実際に安く手に入れられる人もいるんでしょうから完全な黒とは言い難いんですが、限りなく黒に近いグレーといった感じ。

10_0930_1en_01

入札手数料を取る激安オークション…。激安で商品を手に出来るかもという人間の欲をついたシステムですが、凄い手を考えたもんですね。

|

« 「3001年終局への旅」を読了、モノリスの謎は解明されたか | トップページ | 第2次世界大戦末期の独ソ戦の地獄模様を描いたノンフィクション「最強の狙撃手」を購入 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109554/49608807

この記事へのトラックバック一覧です: 大型液晶テレビが格安オークションに出て激安で落札…でも出品者は大儲け の仕組み:

« 「3001年終局への旅」を読了、モノリスの謎は解明されたか | トップページ | 第2次世界大戦末期の独ソ戦の地獄模様を描いたノンフィクション「最強の狙撃手」を購入 »