« インコの筆毛/ジョジョ風の擬音フォントで遊んでみた | トップページ | お前はもう打てている、タイピングソフト『北斗の拳 激打SE』を引っ張り出しました »

2010年6月20日 (日)

東松山にある松山城址、すっ転ぶの前提じゃないですか

埼玉県にある松山城址に行ってきました。吉見百穴から歩いて10分ぐらいの場所に入口があります。

10_0619_matuyama_01

案内板によれば、上杉氏、北条氏、武田氏の各領土に近接する城のため、三氏の間で激しい争奪戦が繰り広げられたとのこと。何度も戦火に見舞われた古戦場というところでしょうか。三氏にとっては重要な地点だったようです。

|゚Д゚)) それでは進みましょうか

10_0619_matuyama_02

松山城は、丘陵に築かれた平山城。本丸跡が丘陵の頂にあるので、登っていかなくてはなりません。

|∀・) コンクリ階段があるようだし楽勝かしらん

と思ったら、コンクリ製の階段は速攻で終了。「←松山城跡入口」なる看板があったので、矢印の示す方向を見たのですが、道らしきものは見当たらず。

10_0619_matuyama_03

10_0619_matuyama_04

10_0619_matuyama_05

あるのは、水が流れた跡というかケモノ道というか、

(´゚'ω゚`) えっ、これ登るの?

という感じ。草が生えていない=道なんだと判断し登ることにしました。斜面の傾斜がかなりきつく、身体を前に傾けたままの姿勢を保ちながら前進することに。足元のコンディションがかなり悪く、気を抜くと滑落しそうです。

10_0619_matuyama_06

|ω・`) これはルートを間違えたんでしょうか

10_0619_matuyama_07

ヒィヒィ言いながら進むと、若干まともな道らしきものが登場。が、すぐにケモノ道レベルに逆戻り。

10_0619_matuyama_08

しばらく進むと、今度はいきなりコンクリ製の階段が登場。

10_0619_matuyama_09

コンクリ製といっても朽ち果てた感じで、長い間手を入れられていないようです。「ケモノ道ばかりが続いていたのに何でいきなりコンクリ製の階段?」と疑問を抱きつつ進みました。

10_0619_matuyama_10

10_0619_matuyama_11

コンクリ製の階段を登ると「本丸跡」に到着。コンクリ製の基礎や手水があるところをみると、「本丸跡」には後世になって神社かお寺が建てられていたようです。コンクリ製の階段は、その名残のようです。

奥に進むと巨大な石碑が出現。

10_0619_matuyama_12

10_0619_matuyama_13

この後、二ノ丸跡や兵糧倉跡などを見学。

10_0619_matuyama_14

10_0619_matuyama_15

二ノ丸跡にもコンクリ製の基礎。後世に建てられた祠か何かの跡でしょうか。 全体的に当時の面影は残っていなかったですね。

|゚Д゚)) ちょっと残念です

案内板の地図によると、岩室観音の方に抜ける道があるとのことなので、そちらを目指して移動。

10_0619_matuyama_16_2

|゚Д゚)) 道が崩落しとる!

2メートルぐらいの高さを飛び下りれば岩室観音まで行けそうでしたが、断念。来た道を戻ることにしました。

松山城跡は、案内板だけ建ててあとは放置しているといった感じでした。道と呼べるものがないほか、コンクリ製の階段や石段も崩壊寸前だったり、移動するのに危険が伴う場面が多くありました。特に下り道は斜面を駆け降りるという感じなので、運動靴は必須。また、転倒して汚れてもいいような服装を推奨。

あとは、人通りがないので一人で行くのは危険。変なトラブルに巻き込まれないように、複数人で訪れた方がいいですね。

|

« インコの筆毛/ジョジョ風の擬音フォントで遊んでみた | トップページ | お前はもう打てている、タイピングソフト『北斗の拳 激打SE』を引っ張り出しました »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109554/48676053

この記事へのトラックバック一覧です: 東松山にある松山城址、すっ転ぶの前提じゃないですか:

« インコの筆毛/ジョジョ風の擬音フォントで遊んでみた | トップページ | お前はもう打てている、タイピングソフト『北斗の拳 激打SE』を引っ張り出しました »