« フリーのロゴ作成ソフトなどを試行、やたらと高性能で右往左往 | トップページ | 吉村昭さんの絶版本「昭和歳時記」が書店からの要請で復活 »

2010年4月24日 (土)

ザ・イエロー・モンキーの『パール』がアグレッシブで驚き、バラードじゃ…

CD屋でザ・イエロー・モンキーのシングル『パール』を発見。吉井和哉さんのライブDVD『THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budoukan』で聴いて気にいっていた曲だったので購入しました。

10_0424_pearl_01

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ 早速聴こうじゃないですか

と再生。

( ´ー`) …

( ´ー`) ……

( ゚Д゚) あれっ?

『THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budoukan』では弾き語り調のバラードだったのですが、イエモン版はとてもアップテンポ。バラードのバの字も感じさせないアグレッシブな曲で驚きました(イエモン版が先だけど)。

|ω・`) でも、『パール』の歌詞内容はどう考えてもバラードじゃないですか

違和感というか頭に疑問符が浮かびまくり。『パール』の歌詞内容について、

家庭がうまくいかない男性(妻と喧嘩した男性)が、不安と寂しさを紛らわすため、そしてパール(涙)をこぼすために夜の高速道路に繰り出しドライブ。夜の暗さが男性の抱える悩みと孤独感、そして涙をそっと優しく包み込む。やがて目もくらむ夜明けが訪れ、朝日が男性の涙を7色に光らせ、男性の姿さえも光でかき消していく。

既婚男性のほろ苦い苦悩を描いた曲だと思っていたので、イエモン版は意外の一言。でも何度か聴くうちにやみつきに。イエモンファンは、どっちのバージョンが好きなのかちょっと気になりました。

ついでに川本真琴さんのシングル『フラジャイル』も購入。

10_0424_kawamoto_01

演奏時間が約11分という長い曲。で、再生して数分したところで、

|∀・) この感じは岡村靖幸さんでは

作曲・編曲の名義は磯野栄太郎ですが、これは岡村靖幸さんの変名とのこと。岡村靖幸さんの曲は独特なのですぐにわかりますね。BUCK-TICKの櫻井敦司さんも曲の提供を受けていましたが、すぐに岡村さんの曲だとわかりました。が、岡村さんの曲は岡村さんにしか歌えないというか、変調とか裏声とか

|゚Д゚)) うわ、難しそう

という印象。そういえば、岡村さんは2010年5月に刑期が終わりますね。チョコチョコでいいから音楽活動を続けてくれるといいなと思います。

|

« フリーのロゴ作成ソフトなどを試行、やたらと高性能で右往左往 | トップページ | 吉村昭さんの絶版本「昭和歳時記」が書店からの要請で復活 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109554/48170249

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・イエロー・モンキーの『パール』がアグレッシブで驚き、バラードじゃ…:

« フリーのロゴ作成ソフトなどを試行、やたらと高性能で右往左往 | トップページ | 吉村昭さんの絶版本「昭和歳時記」が書店からの要請で復活 »