« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の19件の記事

2010年4月28日 (水)

吉村昭さんの「昭和歳時記」を購入

リブロに行って吉村昭さんの随筆「昭和歳時記」を購入しました。初版が1996年10月10日、第2刷が2010年3月5日なので14年ぶりの重版ですね。

10_0428_syouwa_01_2

「昭和歳時記」は、昭和初期~30年代の庶民の生活を描いています。吉村昭さんの実体験をもとにしているので、「東京の戦争」など他の書籍で語られたエピソードも入ってきます。

|゚Д゚)) 重複している部分が若干ありますな

語られる昭和の風景に関しては、蚊帳、大八車、DDT、南京虫、下駄スケート、行水など現在では教科書や図鑑、博物館などでしか見ることができないようなものが数多く出てきます。『三丁目の夕日』で描かれる昭和よりも前の昭和ですね。昭和50年生まれの自分の場合はおぼろげにわかりますが、平成生まれの人が読むと想像すらできないかもしれません。

|ω・`) 平成生まれには図鑑推奨

さて、昭和というと、「あの頃はよかった」といったように美化されがちなのですが、吉村昭さんは美化したり感傷にふけったり、悲観することなく、冷静な目で当時の様子を綴っています。脚色がないため盛り上がりには欠けるのですが、逆にその時代がまぎれもなく存在したということを実感させてくれます。

( ゚Д゚) ウヒョー

生活の変貌など、まさに昭和は激動の時代だったんだなと感じますね。日本独自の文化が色濃く残されていた頃といいますか、読んでいると遺伝子に組み込まれた何かが刺激される感じ。4月29日は昭和の日ですが、昭和の生活を振り返ってみるのもいいんじゃないでしょうか。現代社会について色々と考えさせられると思います。

評価は☆3。確かに万人に売れる本ではないですが(文藝春秋が重版を渋ったのも頷ける)、世の中には残しておきたい本です(買い取り条件を飲んでまで重版を要請したリブロ、有隣堂の判断も頷けます)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

吉村昭さんの絶版本「昭和歳時記」が書店からの要請で復活

吉村昭さんの随筆「昭和歳時記」が一部系列の書店で再販されたとのこと。「昭和歳時記」は長らく絶版となっていたのですが、書店を経営するリブロと有隣堂が、

∑ъ(`・ω・´) こういう良書は無くしてはいけないのです

∑ъ(`・ω・´) 無くしてはいけない本を世に残すのも本屋の使命なんです

ということで出版元の文藝春秋に重版を要求。

( ゚Д゚)y─┛返品をしないという約束でよけりゃ刷るよ

という文藝春秋の条件を飲んで、販売に漕ぎ付けたそうです。同様の経緯で以前に「戦艦武蔵ノート」(これに関してはリブロの要求)も再販したそうですが、ほぼ完売したとか。

売れるか売れないかではなく、社会に残すべきか残すべきじゃないかで決断を下した点が凄いですね。書店の良心を感じました。「昭和歳時記」は、リブロ、有隣堂系列の81店舗で販売されているそうです。

( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

絶版本の入手に関しては、オンデマンド出版を利用する方法もありますが価格が高くなるのが難点。今回の書店の取り組みは大いに歓迎というか評価したいですね。

文藝春秋(文春文庫)の吉村昭さんの作品はほとんどが絶版状態なので、これを機に再販を見なおしてくれることを期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

ザ・イエロー・モンキーの『パール』がアグレッシブで驚き、バラードじゃ…

CD屋でザ・イエロー・モンキーのシングル『パール』を発見。吉井和哉さんのライブDVD『THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budoukan』で聴いて気にいっていた曲だったので購入しました。

10_0424_pearl_01

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ 早速聴こうじゃないですか

と再生。

( ´ー`) …

( ´ー`) ……

( ゚Д゚) あれっ?

『THANK YOU YOSHII KAZUYA Live At Budoukan』では弾き語り調のバラードだったのですが、イエモン版はとてもアップテンポ。バラードのバの字も感じさせないアグレッシブな曲で驚きました(イエモン版が先だけど)。

|ω・`) でも、『パール』の歌詞内容はどう考えてもバラードじゃないですか

違和感というか頭に疑問符が浮かびまくり。『パール』の歌詞内容について、

家庭がうまくいかない男性(妻と喧嘩した男性)が、不安と寂しさを紛らわすため、そしてパール(涙)をこぼすために夜の高速道路に繰り出しドライブ。夜の暗さが男性の抱える悩みと孤独感、そして涙をそっと優しく包み込む。やがて目もくらむ夜明けが訪れ、朝日が男性の涙を7色に光らせ、男性の姿さえも光でかき消していく。

既婚男性のほろ苦い苦悩を描いた曲だと思っていたので、イエモン版は意外の一言。でも何度か聴くうちにやみつきに。イエモンファンは、どっちのバージョンが好きなのかちょっと気になりました。

ついでに川本真琴さんのシングル『フラジャイル』も購入。

10_0424_kawamoto_01

演奏時間が約11分という長い曲。で、再生して数分したところで、

|∀・) この感じは岡村靖幸さんでは

作曲・編曲の名義は磯野栄太郎ですが、これは岡村靖幸さんの変名とのこと。岡村靖幸さんの曲は独特なのですぐにわかりますね。BUCK-TICKの櫻井敦司さんも曲の提供を受けていましたが、すぐに岡村さんの曲だとわかりました。が、岡村さんの曲は岡村さんにしか歌えないというか、変調とか裏声とか

|゚Д゚)) うわ、難しそう

という印象。そういえば、岡村さんは2010年5月に刑期が終わりますね。チョコチョコでいいから音楽活動を続けてくれるといいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

フリーのロゴ作成ソフトなどを試行、やたらと高性能で右往左往

デジカメの画像加工などでフリーソフトを使用しているのですが、

|∀・) ロゴでも作ってみようかしらん

ということでロゴ作成のフリーソフトに関して検索してみました。ネット上で文字を打ち込めば自動的にロゴを作成してくれるものもあるのですが、自分で文字加工ができるものを探しました。

10_0422_doguu_02↑これは自動で作成したロゴを組み合わせたもの

で、検索したところ「LogoShader」(ロゴシェーダー)というソフトの評判がよいのでダウンロード。さっそく試してみました。

「LogoShader」(ロゴシェーダー)http://homepage2.nifty.com/pyonpyonpyopyon/index.html

|∀・) これで格好いいロゴがつくれちゃうのかしらん

|ω・`) ………

|゚Д゚)) やべぇ、よくわからん!

文字の装飾程度(立体化とか)ならやったことがあるのですが、質感を出すという点に関しては全くの初心者。で、ロゴシェーダーのサイトに「参考書」なるハウツ―ページがあったので、それを見ながら作業を開始。

|゚Д゚)) はぁ? はぁ?

|゚Д゚)) ふん? ふん?

('A`) 誰か助けて~

とりあえず完成。

Logo01_zeusu

プラスチックチックな質感。

Logo03_syuuen

プルンプルンな質感。

なんというかロゴの作成で質感を出すのは発想勝負といいますか知識量が問われるといいますか、

|゚Д゚)) デザイナーは職人ですな

と感心しました。でも、このフリーソフトを作った人も凄いですね。錬金術師という単語が頭に浮かびました。

|∀・) では、早速ロゴと画像を組み合わせましょうか

作ったロゴをキューピー画像と合体!。が、GIFの透過処理が反映されずロゴの周りに白の土台が…。自分の利用しているフリーソフトだと、著作権の関係からGIFの透過処理に対応していない模様。

|ω・`) あらいやだ

次は、画像加工ソフトについて検索。「paint.net」なるものが高性能という評価だったのでダウンロード。海外の人が作ったようですが、日本語にも対応しています。

「paint.net」
http://www.getpaint.net/

GIFの透過処理に対応しているほか、レイヤーの概念もあるなど

|゚Д゚)) フリーとは思えないほど高性能じゃないですか

で組み合わせ。ロゴじゃなくて普通の文字のような処理だったりバランスとか滅茶苦茶ですが、とりあえずといった段階なので良しとしました。

10_0423_doguu_01

10_0423_doguu_02

ロゴの質感を保ったまま文字の打ちかえができるといいなと思ったのですが、さすがにそれは贅沢といったところでしょうか。しかし、金文字はなぜか安っぽさが漂うから不思議。それを感じさせなくするのもデザイナーの手腕といったところでしょうか。

|゚з゚) そこが痺れる、憧れるぅ~

はたと気がついたのが、「これってロゴじゃなくて、文字弄っただけじゃね…」ということ。イラストとか洒落た枠とかいろんなものを組み合わせたロゴとか、なんだか気が遠くなるようなお話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

台湾なのに名古屋名物、「台湾ラーメン」を食べました

インスタントラーメンのコーナーで「台湾ラーメン ピリ辛醤」なるものに遭遇。韓国の「辛ラーメン」みたいなものかとスルーしようとしたのですが、パッケージに『名古屋の味』の文字を発見。

|゚Д゚)) はぁ? 台湾でなんで名古屋?

とりあえず購入しました。

10_0421_taiwan_01

ネットで調べたところ、「台湾ラーメン」は愛知県名古屋市で生まれたラーメンで、名古屋名物らしい。

|゚Д゚)) いや、だからなんで台湾…

中華料理屋の店主(台湾人)が考案したラーメンだから「台湾ラーメン」とのこと。ちなみに台湾には「台湾ラーメン」と呼ばれるものはないそうです。

|д゚) ………

名古屋の人が好む濃い味付け、脂肪燃焼間違いなしの辛さ、スタミナ抜群のニラが「台湾ラーメン」の特徴だとか。インスタントの「台湾ラーメン ピリ辛醤」は、液体スープと粉末スープで構成されているのですが、ちゃんと乾燥ニラが入っていました。

10_0421_taiwan_02

インスタントラーメン単体の状態で、とりあえず味見することにしました。スープの色がなんだか危険な雰囲気を醸し出しています。

10_0421_taiwan_03

(((゚Д゚))) うわっ、辛っ!

辛さが前面に出ているというかストレートにやってくるというか。辛さを除くと、中国料理店(日本人向けの中華料理店ではなく中国料理店)のラーメンの味ですね。漢方薬っぽいというか、薬膳っぽいというか、ベースは野菜+鶏がら主体であっさりです。そこに大量の豆板醤を加えたのが「台湾ラーメン ピリ辛醤」。

( ゚∀゚) 日本人の作るラーメンとはちょっと違いますな

台湾人店主が作ったということが納得できるような味でした。インスタントラーメンは、単体で食べると味のバランスがきついものが多いので、あらかじめ作って置いた具材を投下。

( ゚∀゚)ノ フォラァヨ!

追加具材は、牛と豚の合挽肉、ニラ、モヤシ、唐辛子を塩コショウ、醤油で炒めたものになります。

10_0421_taiwan_04

インスタントラーメン全般に言えることですが、自前の具材を追加した方が断然食べやすくなりますね。

インスタントラーメンとしての評価は星3。「台湾ラーメン」もメーカー(または店)によって味が異なると思うので、いずれは元祖のものを食べてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

名作? 迷作? 映画『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』を見ました

映画 『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』をDVDで見ました。

10_0420_davinchi_pro_01

大ヒット映画『ダ・ヴィンチ・コード』に便乗したかのようなタイトルが素敵です。ちなみにパッケージの裏は、

10_0420_davinchi_pro_02

超話題作『ダ・ヴィンチ・コード』に全世界注目の中、天才が仕掛けたもう一つの謎を描く、傑作ミステリー登場!! の文字。

(;^ω^) 思いっきり乗っかとるな…

パッケージは結構シリアスな雰囲気ですね。『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』は、ポーランドで製作された映画で、音声はポーランド語+日本語字幕、日本語吹き替えのいずれかを選択できます。ポーランド語は珍しいので、ポーランド語+日本語字幕を選択しました。

(*゚∀゚)=3 それでは再生しましょうか

本編の前に新作紹介のCMが入るのですが、そのタイトルが『パイレーツ・オブ・アトランティス』。本編に入る前の段階でB級の臭いがプンプンと漂います。

そして、『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』の本篇が開始。ネタバレが嫌な人のために、20分ごとの感想を顔文字であらわすと、

(*´∀`)

|ω・`) ?

(*´∀`)

ヘ(゚∀゚ヘ)

( ´∀`)bグッ

な感じ。若干のネタバレがあってもいい人は、下の続きを読んでください。

【以下、若干ネタバレ】
『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』は、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画に込められた謎を追うのではなく、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画『白貂(テン)を抱く貴婦人』を美術館から盗みだす泥棒のお話。

主犯格は2人なのですが、結構抜けているというか憎めないキャラクター。そしてこの2人に協力することになる贋作家たちも魅力のある人物となっています。押しつけではないさりげない笑いというか、ウィットに富んでいるというか、

( ゚∀゚)ノ なんというか上質な楽しさがあるんです

食べ物に例えるならば、過激な表現やCGに頼りきった近年の映画はジャンクフード(刺激は強いけど面白さとは別じゃ…、ごまかしじゃなかろうか…と感じてしまうもの)、『ダ・ヴィンチ・プロジェクト』は質の良い素材が集まったスローフード(派手さや過激さはなく、じわじわといった感じだけど心に染み渡るというもの)。

雰囲気としては、週末の深夜にやっている海外映画のような感じなのですが、久々に充足感を得られる映画を見たと感じました。ラストでさわやかな気分になること間違いなし。個人的には、『ダ・ヴィンチ・コード』よりも良かったです(路線が全く異なるけど)。

評価は☆5。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

三谷幸喜さんの対談集「気まずい二人」、ここまで気まずいとは…

三谷幸喜さんと女性タレントの対談集「気まずい二人」を購入。「月刊カドカワ」で連載されていた「貴女と話したい」(1995~97年)をまとめたものになります。

10_0419_kimazui_01_2

本に収録されているのは、

八木亜希子さん
十朱幸代さん
西田ひかるさん
日笠雅水さん
桃井かおりさん
鈴木蘭蘭さん
林家パー子さん
緒川たまきさん
平野レミさん
森口博子さん
加藤紀子さん
安達祐美さん
石田ゆり子さん

との対談。このほかに3人の女性と対談しているのですが、2人は事務所側のNGにより単行本未収録(月刊カドカワには掲載)、残る1人は対談相手が激怒し「月刊カドカワ」にも掲載されなかったとのこと。

|゚Д゚)) ………

普通、対談というと、あるテーマについてお互いが意見を述べるというものを想像するのですが、「貴女と話したい」の対談は、ちょっと趣が異なります。「貴女と話したい」は、三谷幸喜さんの極度の人見知り&あがり症の改善を目的にした企画。相手のことを聞きだすとかそういうことが目的ではないんですね。

例えて言うならば、名前や顔をかろうじて知っているという程度の相手とエレベーターや電車で乗り合わせちゃった(しかも目的地に到着するのは数時間先)、というような状態を無理やり作り出し、その試練を乗り越えることで三谷さんの話術向上を図ろうというのが「貴女と話したい」なわけです。

|゚Д゚)) なんじゃそりゃ

ホスト役である三谷さんが極度の人見知り&あがり症のため、会話が続かなかったり、突拍子もない話題が出たり、とても気まずい沈黙が流れたりするのですが、その様子というか空気感がよく描かれていて、読んでいて思わず、

( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

と笑ってしまいます。会話に困った時の三谷さんの切り札は、「枝豆がもやしになり、豆腐になり、納豆になるっていうのは知っていましたか?」というものなんですが、当然女性タレントは、

エッ(゚Д゚ ≡ ゚д゚)エッ 一体何の話 !?

と困惑。対談のゲストとして招かれたと思ったら、実はリハビリ相手だった。しかも相手はわけのわからない話題を振ってくる…、

(  Д ) ゚ ゚ 何それ、怖い

三谷さんはリハビリという目的があるからいいのですが、女性ゲストにすれば「なぜ私はここにいるんだろう…」と頭にクエスチョンマークが浮かんでいること間違いなし。お互いに共通点を探ろうとするものの、全くかみ合わない会話。

でも、第三者からすればそんな対談の様子が抱腹絶倒。沈黙に耐えられずに無理やり話題を振ったりした経験のある人なら楽しめると思います。ニヤニヤしたり噴き出したりするので、一人の空間で読むことがお勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

2010年春モデルのデジカメ、「ジオラマモード」は流行するか

デジタルカメラ。一眼レフにせよコンパクトにせよ、顔や表情の認識など様々な機能が搭載されるようになっているわけですが、2010年春に登場した機種には「ジオラマモード」(ミニチュアモード)なるものが搭載され注目を集めているそうです。

|゚Д゚)) ついにここまで来たか

たしかに、撮影画像をミニチュア風にすると楽しいですね。ですが、撮影画像がいきなりミニチュア風に加工されるのはもったいないというか。元画像を保持しておいて、それとは別にミニチュア風画像もできるという形だったらいいのになぁと感じました。

|ω・`) パソコンを持っていない人のための機能なのかな

ちなみにフリーソフト(http://www.hirax.net/diaryweb/2009/03/19.html)を使用して金山城跡の画像をミニチュア風にしてみました。

10_0414_mini_kanayama01_2

10_0414_mini_kanayama02_2

10_0414_mini_kanayama03_2

10_0414_mini_kanayama04_3

10_0414_mini_kanayama05_2

10_0414_mini_kanayama06_2

10_0414_mini_kanayama07_2

城址などはミニチュアにするにはもってこいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月13日 (火)

インコがカキカキさせてくれないんです

以前飼っていたインコは、頭を掻くと喜ぶというかおねだりしてくるぐらいだったのですが、現在買っているインコは、

10_0411_inco_03

( ゚ω゚ ) お断りします

と掻かせてくれず。

10_0411_inco_01

毛の生え換わりで痒そうなのに拒否。

|ω・`) 喜んで掻いてあげるのに…

カゴの外で寝たり膝の上でくつろいだりするので、懐いていないわけではないと思うのですが。

10_0411_inco_02

捕まえて無理やり掻くのはかわいそうなので、どうすればカキカキさせてくれるのか(おねだり状態にもっていけるのか)についてネットで検索しました。

|∀・) おほおほ、皆さん凄いじゃないですか

えらくカキカキしているんですけど、そこに至った経緯は触れておらず、必勝テクは発見できませんでした。が、衝撃的だったものがあったのでリンク。

昼下がりのるりっぺちゃん
http://ruripiyo.blog.so-net.ne.jp/2008-07-07-5

専用のカキカキ棒が頭の上にズバッと乗っていたり、鼻の穴を掻かれて目が三日月状になっていたり、

(;´Д`)スッ、スバラスィ…ハァハァ

インコの至福の表情がすごいです。よく撮影した出来たなという感じですが、カメラに抵抗のないのか、あまりの気持ちよさにカメラを気にするどころではなかったのか。猫にマタタビがあるように、インコを恍惚とさせる食べ物があるといいんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近年話題のパワースポット、城址・史跡巡りはオカルト的に見てどうか

「パワースポット」という言葉を耳にしたので検索。パワースポットは、良いエネルギーが集まる場所で、そこを訪れると心身の調子がよくなったり、運気が上昇したりするそうです。

|゚Д゚)) ほぅほぅ、オカルトですか

ネットで見る限りだと、神社や仏閣などにパワースポットが存在する模様。自分が訪れた新田神社(金山山頂)もパワースポットだとか。

10_0412_keyaki_01 ↑新田神社の手前にある樹齢800年のケヤキ

パワースポットならどこでもいいというわけではなく、「パワースポットの性質も火、水、木、金、土に分類され、人によってはいい影響が出たり逆効果になったりする」とも言われているそうです。

|゚Д゚)) ほぅほぅ、五行思想も絡めますか

定義というか判定基準があいまいというか無いに等しいので、人によって言うことも様々。そしてパワースポットと呼ばれる土地も乱発状態のようです。で、話が飛ぶのですが、ふと感じたのが、

|ω・`) もしかして、パワースポットの逆の土地もあるんじゃね?

行くだけで心身が不調をきたすというか、運気が吸い取られるというか、パワースポットがあるのならそんな土地があっても不思議ではないですよね。

|∀・) こりゃ調べてみるべや

と検索。パワースポットの対義語。パワースポットの逆となる土地の情報はないようです。まぁ、心身に不調をきたしたりパワーが吸い取られる土地なんて情報を載せた日には、

(#^ω^) 噂のせいで地価下落したんすけど

(#^ω^) 観光客が激減したんすけど

とか、各方面から苦情が殺到しそうだから誰も触れないということでしょうか。事件・事故が多発する土地や建物、嫌な印象を受ける場所などがもしかしたら逆パワースポットなのかもしれません。名づけるならアンパワースポットかな。ちなみに、国道沿いによくあるホテルはアンアンパワースポット。アンアン♪ アンアン♪

■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ ア~ン

まぁ、オカルト前提で話すなら、自称霊能者の「この土地はヤバイ」という発言もあながちウソではなかったのかもなぁと思いました(パワースポットを肯定するのであれば、その逆の土地があることも受け入れざるを得ないわけですからね)。

|゚Д゚)) で、

史跡巡りを趣味とする自分が気になったのは、「城址ってどうなんだろう?」という点。

姫路城のように戦禍に巻き込まれたことのない城ならまだしも、落城した城や血なまぐさい戦が繰り広げられた城などは、どう考えても良い場所とは思えず。

|゚Д゚)) 八王子城跡に至ってはド級のピー

川中島の合戦場跡に至っては首塚もあったな…。城址・史跡巡りはオカルト的に見てどうなんだろう? とちょっと考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

花見、心霊、ショッカー秘密基地、吉見百穴に行ってきた

桜が満開という噂を聞いたので、ペットの墓参りがてら「吉見百穴」(よしみひゃくあな)に行ってきました。百穴の近くにある土手道が桜並木となっていて、なかなかの景色。

10_0412_hyaku_01

10_0412_hyaku_02

|∀・) いい感じじゃないですか

花見スポットとしては結構有名なようです。桜を満喫しつつ吉見百穴に到着。

10_0412_hyaku_03

|ω・`) あれ? あれれ?

吉見百穴を訪れるのは数年ぶりなのですが、以前はこういった立派な入り口はなく、出入りも自由だったような記憶が…。観光施設として整備することで、遺跡の破壊や落書きなどを防ぐことにしたんでしょうか。

10_0412_hyaku_04

お土産屋と茶屋、資料館、体験学習コーナーなどが新たに設置されていて、それなりになっていました。

10_0412_hyaku_05

|゚Д゚)) しかし、相変わらずのグロイな

吉見百穴は、史料的には横穴、植物学的にはヒカリゴケが見どころなのですが、ほとんどの人が驚いていたのが地下軍需工場跡の洞窟。

10_0412_hyaku_06_2

第2次世界大戦の末期のもので、中島飛行機(現:富士重工業)のエンジン製造部門(大宮工場)の機能を移すために掘られました。掘削を行ったのは朝鮮人労働者。その数は3000人~3500人と言われています。

敵国による空爆が激しさを増していたこと、戦闘機の製造が急務であることなどから、この洞窟の掘削も急ピッチで行われることになりました。ダイナマイトを使用しての掘削ですが、安全性よりも完成を優先した強行工事ため、かなり犠牲者が出た模様(看板だと人海戦術という表現)。これは、黒部ダム(高熱隧道)の工事とも共通する部分がありますね。

|゚Д゚)) それでは中に入りましょうか

10_0412_hyaku_07

吉見百穴は心霊スポットと言われています。が、出ると言われているのは、上の墓墳に埋葬されていた人ではなくて、この洞窟(地下軍需工場)の掘削工事で犠牲になった人。地下軍需工場跡の洞窟が心霊スポットの本体といったところでしょうか。

10_0412_hyaku_08

フラッシュを使用しているので明るく見えますが、実際は真っ暗。ライトがぶら下がっている地点がほのかに明るい程度です。

10_0412_hyaku_09

洞窟の奥は危険防止のために立ち入り禁止となっています。現在公開されているエリアも十分に広いのですが、全体の10分の1にも満たないということ。想像もつかない広さですね。

10_0412_hyaku_10

外の気温は20度を越していたのですが、洞窟内はかなり気温が低く寒いです。夏場は過ごしやすそうですね。

10_0412_hyaku_11

常世(とこよ)から現世(うつしょ)へ戻るといった感じで外に出ました。

ちなみに、この地下軍需工場跡はヒーローもののロケ地として使用されることが多いとか。仮面ライダーのショッカーの秘密基地としても使用されました。

|ω・`) 怖いのか楽しいのかよくわからんスポットですな

10_0412_hyaku_12

すぐそばには松山城跡があります。武田信玄は吉見百穴の横穴を見て、松山城を土竜戦法で攻めることを思いついたとか。墓墳だけではパッとしないので、松山城跡の整備などもあわせて行ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

伊勢屋で「360焼き」と「スバル最中」を購入

金山城跡を見学した後、伊勢屋に行きました。伊勢屋は「THEスバル」、「360焼き」、「スバル最中」と、スバル(富士重工業)にちなんだ和菓子を販売している和菓子屋さんです。

10_0411_01_subaru01

10_0411_02_subaru02

伊勢屋は富士重工業・群馬製作所本工場の正門の向かい側にあります。道路をわたるとすぐに「スバル最中」という赤い看板が見えてきます。

10_0411_03_iseya01

10_0411_04_iseya02_2

|゚Д゚)) 綺麗な建物じゃないですか

昭和9年(1934年)創業の老舗なのですが、建物は近代的。敷居の高さを感じさせないため入りやすいですね。さっそく店内に突入。

10_0411_05_iseya03

10_0411_06_iseya04

10_0411_07_iseya05

10_0411_08_iseya06

店内にはスバルのグッズや写真などが展示されていました。東京モーターショー2009のグッズなどもあり、随時更新されているようです(お店の人に断ってから店内を撮影しました)。

伊勢屋は、スバルから「太田に来た人のお土産になるような和菓子を作ってほしい」という依頼を受け、スバル関連の和菓子を手掛けるようになりました。スバル公認というか、スバルの依頼が発端なので、スバルグッズはスバルから提供されているのかもしれませんね。

|ω・`) さて

伊勢屋は太田駅から徒歩数分のところにあるため電車で来るのには非常に便利。ですがクルマで来た場合は駐車場がありません。クルマで来た人は、伊勢屋の裏手にあるコインパーキング「榛名パーキング」を利用すると近くていいと思います。

10_0411_09_park

|∀・) 30分100円でとってもリーズナブルですよ

お店でどれを購入しようか迷ったのですが、「360焼き」と「スバル最中」を購入。合計で10個買ったためか箱詰めにしてくれました。しかも、箱の外装をスバル最中仕様、内装を360焼き仕様にしてくれるという親切ぶり。さっそく家に帰って開封。

10_0411_09_box

箱の中には「スバルの歩み」というパンフレットも入っていました。

10_0411_10_panf

10_0411_11_360

「360焼き」
スバル360を象ったまんじゅう。中は白餡。甘さ控えめです。しっとり系ではないため、お茶と物凄く合います。なかなかおいしい。

10_0411_12_subaru

「スバル最中」
レガシィB4を象っています。ツーリングワゴンじゃないところが通というか、セダン好きの自分としてはテンションアップ。中は黒餡。甘さ控えめでしつこくなく、餡が歯にまとわりつくこともない。ん~上品な感じ。これもおいしいです。

( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

定休日は毎週水曜日。営業時間は9時~19時。金山城跡からだとクルマで15分程度。近いし話のネタにもなるのでお勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

金山城でバルタン星人/金山城その4

山の中腹にある駐車場を出発して「実城」エリアを観終わるまでにかかった時間は約1時間。写真を撮らない場合は、40分ぐらいで回れると思います。安土城跡のように険峻ではなく歩きやすいです。

10_0410_kanayama03_01_kanayama01_2

金山城は、関東の山城としては珍しく石垣を多用しています。上杉家、武田家、北条家などに10数度にわたって攻められながらも、中枢部まで攻め込ませることなく撃退したという堅城。太田道灌からも名城として讃えられたとか。

10_0410_kanayama03_02_kanayama02

そんな金山城ですが、1590年に豊臣秀吉が北条家を滅ぼした事に伴い廃城。土塁や通路、建造物など城としての機能を持つ箇所がすべて破壊され山に埋もれることになります。が、1688年、将軍家に献上する松茸を生産する山として保護されることになり、それ以降荒らされることもなく、当時の遺構が多く残ることになったようです。

10_0410_kanayama03_06

10_0410_kanayama03_07_2

「実城」エリアの「南曲輪」に休憩所があったので休憩。

10_0410_kanayama03_03_2

自動販売機があったので飲み物を購入することにしました。スポーツ飲料水でも購入しようかと思ったのですが、

10_0410_kanayama03_04

「フォッフォッフォッフォッ レモン水!」と書かれたウルトラ大怪獣レモネードを発見。

(*゚∀゚)=3 バルタン星人欲しい~

ということでボタンをプッシュ。出てきたのが、

10_0410_kanayama03_05

(´・ω・`) えっ、アンタ誰?

ゴモラでした。缶の種類は他に、バルタン星人、ピグモン、ダダ、にせウルトラマン、ゼットン、キングジョー、メトロン星人、ラッキー缶があるそうですが、ゴモラ。

|ω・`) せめてダダがよかった

なお、天候がよければ「南曲輪」の南側から富士山を見ることができます。関東の富士見100景として登録されているようです(地点名は中島記念公園)。

10_0410_kanayama03_08

金山城跡は、関東近郊の城の中でかなりお勧め(というか一番)。関東にこのような規模の城跡があることを知り大満足。今後も発掘調査及び復元作業が進むことを望みます。

おわり。

※自分が訪れた日、文藝春秋の編集者が金山城に取材に来ていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

月ノ池~大手口~日ノ池/金山城その3

物見台から数分歩くと「月ノ池」が見えてきます。

10_0409_kanayama01_18_tukino02

金山城は「山城」。水の確保が必要だったため、雨水をためる池を人工的に設けたのですね。谷の表面を流れる水や山肌に染み込んだ水がこの池に流れ込みます。池の幅は約7メートル。増水時には石垣の部分まで水が貯まりますが、その時の池の幅は10数メートルになります。

10_0409_kanayama02_01_zu ↑「実城」(本丸)エリアの図

10_0409_kanayama02_02_oote01

「大手門口」
石垣と石垣の間に門があったと考えられています。最後の砦となる部分だけあって堅牢な印象。石畳の両脇にある溝は、排水のために設けられています。わざわざ排水路を設けるということは、かなり水が多かったんでしょうか。

10_0409_kanayama02_03_oote02

大手門を抜けたところにある石敷きの通路は、右に向かって緩やかなカーブを描きます。先が見えないため敵兵にとっては心理的な負担が大きいでしょう。

10_0409_kanayama02_04_oote03

10_0409_kanayama02_05_oote04

10_0409_kanayama02_06_oote05_2

10_0409_kanayama02_07_oote06

通路をはさむ形で曲輪が設けられています。井戸やカマドを備えた建物なども設けられており、籠城時には生活スペースとして利用されたようです。長期籠城にも耐えうるといったところでしょうか。山の上とは思えません。

(*´∀`) 壮観ですな

大手口を抜けて奥に進むと「日ノ池」が出現。

10_0409_kanayama02_08_hinoike01

10_0409_kanayama02_09_hinoike02

直径約15メートルで結構な大きさ。これも貯水のための池なのですが、この池の水は戦勝祈願など祀りごとの時に使用。生活用水は両側にある井戸から別に採ったとみられています。

「日ノ池」は、金山城築城よりも古くからあり、平安時代の遺物も見つかっているとのこと。神聖な場所として扱われていたようです。

この「日ノ池」を抜けてさらに登ると御殿跡。現在は神社になっており社が3つありました。さすがに撮影は気がひけたので画像のアップはなし。金山城跡に来るというよりも、この神社にお参りに来るという人も多いようです。

つづく。次回は、「金山城でバルタン星人」をアップ予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場~馬場曲輪、物見台/金山城その2

金山に城が築かれたのは1469年。最初の城は山頂付近に小さな砦といった規模の物。その後、数十年に渡って段階的に拡張されていき、現在の規模に至ったと考えられています。

西の「西城」、山頂の「実城」(本丸)、北の「北城」、南の「八王子山ノ砦」という構成になり、その範囲は約300ヘクタールまで広がりました。金山全体が要塞化されたわけですね。

金山の中腹にある駐車場は「西城」と「実城」の間に設けられています。とりあえず「実城」を目指して出発。

10_0409_kanayama01_01_2

10_0409_kanayama01_02

駐車場付近は舗装路が整備されています。「もしかしてずっと舗装路が…」と不安を感じたのですが、

|゚Д゚)) まだまだ序盤ですからの

と言い聞かせて先に進むことに。

10_0409_kanayama01_03

岩盤が整備前の金山の荒々しさを伺わせますね。しばらく進むと舗装路が終了。土および石敷きの道に変わり、史跡としての雰囲気が徐々に出てきます。途中をすっ飛ばして土橋エリアを紹介。

10_0409_kanayama01_08 ↑土橋エリアの概要図

10_0409_kanayama01_09_dobashi

「土橋」
前方に石積みが見えますが、この間には門があったと考えられています。そして「土橋」の左手には物見櫓。右手は切り立った崖(現在では埋まっています)。「土橋」に達した敵は、前方と左上方から攻撃を受けることになります。

10_0409_kanayama01_10_monomi

「土橋」の左手
上が物見櫓があったところ。

|ω・`) 上から射かけられたら逃げ場無しだなや

「土橋」を抜けると石畳敷きの通路。さらに進むと「木橋」が出現します。

10_0409_kanayama01_11_kihasi_2

「木橋」
「木橋」の前方にも石積みがあり、そこに門があったと考えられます。戦闘の際にはこの「木橋」を外して防衛したのでしょう。

10_0409_kanayama01_12_kihasi2

「木橋」の右側に通路がありますが、その先は坂(というか堀)。右側に進むと行き先がなくなり、これまたいい標的になっちゃうわけですね。

10_0409_kanayama01_13_kihasi3

「木橋」を逆から見たところ。通路もせまく一本道。守りやすそうです。

10_0409_kanayama01_14_kihasi4

「木橋」を抜けると左手に上に昇る石段、右手に直進の道が出てきます。右側の道は行き止まり(武者だまり&敵兵へのトラップ)なので左の石段を上ることに。

10_0409_kanayama01_15_baba01_2

石段を登ると馬場曲輪が出現。奥に見えるのは物見櫓のあった場所ですね。この馬場からは、「土橋」、「木橋」が見下ろせます。ここから「土橋」と「木橋」の敵を攻撃できたようです。

10_0409_kanayama01_16_monomi01

「物見櫓跡」
物見櫓の跡地には物見台が建てられています。物見櫓を再現して設置するのは安全上よろしくないと考え、鉄骨製の物見台にしたようです。

10_0409_kanayama01_17_monomi02物見台からの景色

10_0409_kanayama01_17_monomi03_2

物見台からの眺めが素晴らしい。北から西に目を向けると赤城山、榛名山、妙義山、浅間山まで一望にできます。これにより上杉軍や武田軍の動きを察知したわけですね。南をみると太田市内を一望できます。北条軍の動きもばっちり把握できますね。

|゚Д゚)) 久々に地平線を見ましたよ

風通りも良く爽快感があります。パノラマの風景は一見の価値ありです。

つづく。次回は「実城」(本丸)のエリアを紹介する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

金山城跡でXbox360のコントローラーを握ることに…/金山城その1

群馬県太田市にある金山城跡に行ってきました。

10_0408_kanayama00_01

金山城は金山という山に建造された「山城」。金山の標高は230mぐらいでそれほど高くはないのですが、太田市内を走っていると結構目につきます。

|゚Д゚)) なんか山があるな

と思ったらそれが金山と考えて間違いなし。金山城跡に行く人のための駐車場は山の中腹にあります。クルマで山を登ることになるのですが、途中でしゃれた建物を発見。

10_0408_kanayama00_02

幟をみると「史跡金山城跡ガイダンス施設」の文字。

|ω・`) ガイダンス施設ってなんじゃ?

と疑問に思いつつ寄ることにしました。

10_0408_kanayama00_03

10_0408_kanayama00_04

入るときに不安を感じましたが、資料館でした(名称がわかりづらい…)。金山の歴史の紹介、発掘調査の解説、出土品の展示などがあります。職員が作った復元模型もあり、

( ^ω^) なかなか充実しているじゃないですか

なかでも、金山城の歴史を5分間の映像で紹介する「戦国シアター」がいい出来。北に上杉謙信、西に武田信玄、南に北条氏康と強豪に囲まれながらも存続した金山城&由良氏の凄さがわかります。金山城跡を訪れる際にはぜひ見ておくことをお勧め。

で、さらに良かったのが「城ナビ」。

10_0408_kanayama00_05

|ω・`) あれ、見覚えのあるものが…

何度見てもXbox 360のコントローラ。城跡を見に来てXbox 360のコントローラに遭遇することになるとは夢にも思わず。

「城ナビ」は、金山城の見どころを、イラスト、空撮映像、説明文、バーチャル動画などで紹介してくれるのですが、それを操作するのがXbox 360のコントローラー。この「城ナビ」が、またわかりやすい上に面白い。

|∀・) バーチャル散策とかすごいじゃないですか

操作していて思わず喜びの声をあげてしまいました。

( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

が、

|ω・`) なぜ、Xbox 360のコントローラーなのか…

深まる謎。職員の人に聞こうかと思いましたが、深い事情があるとアレなんで、施設全体についてお話を伺いました。

職員の人によると、「史跡金山城跡ガイダンス施設」ができたのは2009年5月。新しい施設ですね。隅研吾さんがデザインし、乃村工藝社が工事を請け負ったとのことです←訂正文を下に追記しました)。

史跡金山城跡ガイダンス施設の概要(乃村工藝社のサイト)http://www.nomurakougei.co.jp/achievements/cultural/ota_kanayama_guidance.html

資料館を堪能し、再び山道をクルマで登ることに。ガイダンス施設から金山城跡の駐車場までは約2km。カーブがきついのと、クルマ2台が通るのがやっとという幅なのでコンパクトカーで訪れるのがおススメ。

10_0408_kanayama00_06

つづく。次回は金山城跡の画像を中心にアップする予定。

※ガイダンス施設の方から情報を頂きました。「城ナビ」はパソコンを利用しており、それとマッチするものとしてXbox 360のコントローラーを利用することになったということ(Xbox 360のコントローラーはUSB接続が可能でパソコンでも使用可能)。

※※ガイダンス施設について、建物本体の設計は「隈研吾建築都市設計事務所」、展示室については、設計・施工ともに「乃村工藝社」とのことです。訂正させていただきます。また、情報とご指摘ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

水陸両用車に世界初の潜航機能を搭載、RINSPEEDの「SQUBA」

水陸両用というと、ホバークラフトや水陸両用バスのように陸上も水上も走れる乗り物を思い浮かべると思います。が、海外メーカーのRINSPEEDは、

|ω・`) 水上だけじゃなくて水中も進めるといいよね

ということで潜航機能を持った自動車「SQUBA」を開発しました。水中も進める水陸両用車は世界初です。

10_0406_rinspeed_01

フロントから見た感じは、いたって普通のクルマ。

10_0406_rinspeed_02

リヤもスクリューが付いているぐらいで、従来の水陸両用と比べるととってもスタイリッシュ。

10_0406_rinspeed_03

陸上では電気モーターを使用して走行、水上はリヤのプロペラで推進、水中はボディサイドに装着したジェット噴射とリヤのプロペラで推進します。陸上、水上、水中と3つのシーンに対応、しかも排ガスゼロで環境への配慮もばっちり。

10_0406_rinspeed_04

|゚Д゚)) インパネもいい雰囲気じゃないですか

10_0406_rinspeed_06

潜航可能な深さは10メートル。万が一の事態が発生したときにすぐに逃げられること、空気が貯まらず潜水がスムーズにできることからオープンカーの形を取っています。

10_0406_rinspeed_07

オープンカーの形なので酸素ボンベなどが必要なのですが、海の美しさを満喫するにはもってこいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

世界一サイズの大きいバイク、最高速度は時速72km

家にしろ自動車にしろ何にしろ、自分が持つモノについて、

∑(゚∀゚ノ)ノ うわっ、大きい~

といわれて悪い気分になる男性はいないんじゃないでしょうか。大きい=良きことという図式が頭に埋め込まれているのか、とにかくデカイものを好み、デカイと言われると喜びを感じる傾向が男性にはあるようです。今回は世界一大きいバイクのお話をお届け。

とりあえず画像。

10_0403_dream_bif_01

( ゚д゚) デカッ!

バイクのサイズは、全長約6.2メートル、全高約3.4メートル。普通のバイクが子供用のおもちゃのように見えますね。手前に写っているのは、このバイクを製作したGregory Dunhamさんです。

10_0403_dream_bif_02

( ゚д゚) タイヤ太っ!

前方から見たときの迫力が格別。タイヤのサイズは78インチ(幅は36インチ)。こんなバイクが走ってきたら恐怖でハンドル操作を誤りそう。

10_0403_dream_bif_03

Gregory Dunhamさんは、モンスタートラックショーを観たときに、「モンスタートラックを超えるバイクを作りたい」という衝動に駆られ、超ビッグサイズのバイクを製作することを決意。周囲の反応は、

(´゚ω゚`) あんた正気かい

という冷ややかなものだったそうですが、そんな周囲の反応をよそに3年かけて完成。ギネスブックに登録されるとともに、イベントなどにも引っ張りだこの人気者になりました。「Dream Big」、夢もデカイほうがいいってところでしょうか。

エンジンは8200ccV8を搭載。最高速度は時速72km。安全性を犠牲にすれば時速104kmまで出すことが可能だそうです。

|ω・`) なかなか速いですな

横転を防ぐために補助輪付き。また操縦はバイクのハンドルではなく、オイルタンクに見える部分に乗り込んでそこのステアリングで操作します。バイクと自動車のあいのこみたいなもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年4月 1日 (木)

ツィッタ―に対抗、円谷プロが『円谷ッター』のサービスを地球で開始

ウルトラマンで知られる円谷プロが、『円谷ッター』(ツブッター)というサービスを開始したそうです。

円谷ッター
http://tsubutter.m-78.jp/

10_0401_tuburaya_01

説明文によると、『円谷ッター』は宇宙警備隊の連絡手段として活用していたものだそうですが、外部(宇宙警備隊以外のヒーロー、怪獣、星人)に公開したところ大好評だったので、地球でも公開することを決定。「シュワッチ!」、「フォッフォッフォッ」などのつぶやきを日本語訳してお届けするとのこと。

|゚Д゚)) 今年もノリノリだな

カネゴンのブログも帰ってきたようです。画像で腹を抱えて笑ってしまいました。

カネゴンの78ちゃんねるまとめブログZ
http://kanegon2010z.m-78.jp/

円谷プロ恒例のエイプリルフールネタなんですが、センスがいいですね。今年も話題を呼びそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »