« 戦国仕様の缶コーヒーをGET | トップページ | チョコレート炭酸飲料「チョコレート・スパークリング」を飲んでみました »

2010年1月20日 (水)

デジカメ画像で疑似3D画像を作成しました

ネットサーフィンをしていたところ、飛び出して見えるティラノザウルスのGIF画像に遭遇。

( ゚Д゚) これは凄いじゃないですか!

と驚いたわけですが、飛び出して見える理由(必要な要素)について考えてみました。

|д゚) 異なる角度からの画像2点の組み合わせですな
|д゚) 飛び出させたい部分の動きは小さく
|д゚) それ以外の部分の動きは大きくすればいいわけですな

撮影角度の異なる画像2点を用意、振れ幅を設定しアニメーションGIFにして合成すれば完了。

|゚Д゚)) これは自分でも作れるかも知れんぞ

ということでチャレンジしました。 やる事自体は難しいことではないので、

|∀・) こういった作業に適したフリーソフトがあるかもしれん

と検索。そのものずばりといったフリーソフトを発見しました。

■ステレオフォトメーカー
http://stereo.jpn.org/jpn/stphmkr/
■疑似3D画像の完成例
http://stereo.jpn.org/jpn/stphmkr/ani/ani_j.htm

早速、ソフトをダウンロードして、手持ちの画像でチャレンジ。

|∀・) 楽勝そうじゃないですか

と取り組むこと1時間、完成したのがプルプル震えるキューピー人形by土偶。

|ω・`) あれ? 飛び出してなくね?

その後、手持ちの画像をいくつか試したんですが、飛び出すというよりも、プルプル震えているように見えて終わり…。

|ω・`) 素材画像の条件が厳しいのか

そのもの単体だと飛び出ているように錯覚させるのは難しいようです。完成例をみると、周囲にある程度ものがあり、さらに動きのあるものとないものが組み合わさらないと錯覚を起こしにくい模様。または、よほど凹凸があるものとか(ティラノは専用でデザインされているので特殊のようです)。

で、数時間試した結果、3D化に成功したといえそうなのが、銀座の街灯とマネキンを照らすライト。

|∀・)おほおほ、立体に見えるじゃないですか

しかし、これは最初から3D化を狙って撮影しておかないと駄目ですね。いろいろ試したのですが、ほとんどの画像がプルプル震えて終わりでした。

|∀・)それじゃミクシィで見せびらかそうかしらん

とアップしようとしたら、「JPEG画像しかあげられません」というメッセージ。

■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ
3ddinosaur1 2010_0120_3d_000 2010_0120_3d_0012010_0120_3d_003

|

« 戦国仕様の缶コーヒーをGET | トップページ | チョコレート炭酸飲料「チョコレート・スパークリング」を飲んでみました »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109554/47345059

この記事へのトラックバック一覧です: デジカメ画像で疑似3D画像を作成しました:

« 戦国仕様の缶コーヒーをGET | トップページ | チョコレート炭酸飲料「チョコレート・スパークリング」を飲んでみました »