« 吉村昭さんの『漂流』を再読しました | トップページ | 梁石日(ヤン・ソギル)さんの「闇の子供たち」を読みました »

2008年11月 5日 (水)

PERSONZ(パーソンズ)のCDアルバムが紙ジャケで復刻

CD屋に行くたびに

|ω・`) パーソンズのCDもリマスタリングして欲しいなぁ

と感じていたわけですが、テイチク時代のCDアルバムが紙ジャケット仕様で復刻。7月に発売されているとの情報を得て、ネットで検索。

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ 詳細は? 詳細は?

内容をみると、デジタルリマスタリング(←素晴らしい)、価格2400円(←若干不満…)、限定生産(←そりゃないぜ)という感じ。買おうかどうか迷ったんですが、中学生の頃に聴きまくっていたことと、デジタルリマスタリングということ、限定生産で初出荷分が売れたらそれまでだろうということから、アルバム5点をネットで購入しました。

(*゚∀゚)=3ハァハァ
↑結構な金額が飛んで行ってハァハァ

購入したのは、復刻されたアルバム7作品のうち『PERSONZ』、『MODERN BOOGIE』、『NO MORE TEARS』、『DREAMERS ONLY』、『PRECIOUS?』です。いずれも過去に発売されたオリジナルバージョンを持っているんですが、レンタル落ちだったり、歌詞カードがなかったり、CDの寿命が近づいている(発売から21年経過しているものもある)ので、今回の紙ジャケ仕様の購入に後悔はありません。

さて、後悔はないわけですが、紙ジャケ仕様の不満点と満足点を述べると、

【不満点】
歌詞カードが紙1枚で、歌詞の文字サイズが虫メガネで見ないと読めないほど小さいものがある。
オリジナルの歌詞カードで使用されていた写真などがほぼ使用されていない。
当時のエピソードなどについて触れるライナーノーツが欲しかった。
紙ジャケは左右に開くダブル仕様にして欲しかった。

【満足点】
デジタルリマスタリングによりクリアな音で聴ける(若干高音を強調しすぎかも)。
今後10年以上はCDの寿命にハラハラしなくてすむ。

20年近くが経過してからの復刻というわけで、いまさら買うのは当時のファンが中心だと思います。デジタルリマスタリングするのに合わせて、当時のファンが涙するような特典(ライブ音源とか未発表音源収録、メンバーによる曲解説など)もあると大満足だったかな。

あとは、MALICE MIZERの『Voyage』、『麗しき仮面の招待状』、シングル全種もデジタルリマスタリングして復刻してくれるといいんですがねぇ。Midi:Netteとコロムビアじゃ難しいかな。

08_1105_personz_01 08_1105_personz_02 08_1105_personz_03

.

|

« 吉村昭さんの『漂流』を再読しました | トップページ | 梁石日(ヤン・ソギル)さんの「闇の子供たち」を読みました »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109554/43022632

この記事へのトラックバック一覧です: PERSONZ(パーソンズ)のCDアルバムが紙ジャケで復刻:

« 吉村昭さんの『漂流』を再読しました | トップページ | 梁石日(ヤン・ソギル)さんの「闇の子供たち」を読みました »